2007年9月10日 (月)

映画

「趣味は?」の問いに『映画鑑賞(^^♪』と答えるようになって、どれくらい経つ

のでしょうか?

人生最初の映画は、小学生の夏休みに映画館で観た「ドラえもん」他2本立

のアニメだったと記憶しています。

中学生でジャニーズ映画に夢中になった後、角川作品の「里見八犬伝」を観た

時には、大人の映画に足を踏みいれてしまったドキドキ感があったのを覚えて

います。

(妖女のような、夏木マリさんのヌードは子供にはチト衝撃的でした\(◎o◎)/)

高校生になって、海外の作品も観るようになって、徐々に“映画の魅力”にハマ

っていきました。

“魅力”が何であるかは、人それぞれだと思いますが、私の場合は『別世界への

小旅行ができること!』につきます(^^)v。

登場人物に自分を重ねて深層心理を考えるところまで、自由に疑似体験ができ

るのですから、こんなに魅力的なことはありません。

また、自分のビジュアルは無視して、「アメリ」にも「ナウシカ」にも「レイア姫」にも

なれるわけですから・・・、まあなんて素敵なコトでしょう。

(妄想ではなく、想像力です(^o^)丿。)
   

映画鑑賞後の1~2時間、現実へ戻るまでの“たゆたう時間”も私の大切な時間

です。

作品のテーマは多種多様で、時には何不自由なく日本という国で生活している

今の自分を見つめる貴重な機会を与えてもらうこともあります。

大笑いをしてストレスを発散させるもよし、監督の問題提起を真正面から受けて

考えてみるのもよし、ファンタジーの世界に浸って夢をみるのもよし、意義を見出

せない戦争について憤るのもよしです。
 

ブログ内で映画の紹介をしたいと思いつつ、先送りになっていましたが、今の

職場でたくさんの作品を観る機会に恵まれたこともあり、今後、少しずつでは

ありますが、私の視点から観た作品の感想・紹介をしていきたいと思います(^v^)。
    

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0)
|