« 芥川賞作家 黒田夏子さん | トップページ | 大岡屋はなれ »

2013年3月14日 (木)

映画【王になった男】

Photo

木曜レディースデイを活用して、センチュリーシネマで【王になった男】を

鑑賞してきましたeye


この映画、公開前に主演のイ・ビョンホンが来日をして、PRをしていたのは知って

いましたが、特に関心もなく、見る予定もありませんでした。


私には、“琴線に触れるモノshine”が非常に似通った、信頼のおける友人がいて、

過去の長い実績から「彼女が推薦してくれたものは、とりあえずチェックしてみるflair

ことにしています。


韓国ドラマを、私に恐る恐る薦めてくれたのも彼女でしたし、(一時期ものすごく

ハマりましたhappy02。それまでは食わず嫌いの部類だったのですが、熱狂的なファンが

いるのも納得できた、心を惹きつけられる作品にも出会いましたheart02。その後、

自分の周りにいた、大勢の隠れ韓流ファンにも驚くことになったのですがcoldsweats01

落語や、先日ブログで紹介した感動本『キネマの神様』を推薦してくれたのも、

同じ友人です。


そして、鑑賞後の感想。

スバリ『観てよかったhappy01!!』です。


よくよく調べてみたら、この【王になった男】は、韓国のアカデミー賞といわれる

大鐘賞で、史上最多の15部門を受賞したそうで、ある意味“折り紙つき”の

作品だったということcrown

でも、日本では小規模の映画館での上映だったし、評判もほとんど聞かなかった

ので、やっぱり友人が推薦してくれなかったら、私は見逃していただろうな~、

と思います。(Mさん、いつもありがとうheart04!)


イ・ビョンホンって、今までは<イケメンの人気俳優>というくくりだったのですが、

一人二役を、魅力的にかつ見事に演じていて、私の中で<演技派の役者>の

カテゴリーに変更させて頂きましたgood


時代ものの美しい衣装も見所ですが、なんと言っても、王の影武者から

本物の王へと自覚が芽生えていく主人公や、彼に影響を受ける、宮廷内の

人々の心の動き、セリフから目が離せませんmovie


「DVDが出たら絶対にレンタルして、また見るぞ!!」

と決めているほど、私もとっても気に入った作品でしたnotes


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 芥川賞作家 黒田夏子さん | トップページ | 大岡屋はなれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芥川賞作家 黒田夏子さん | トップページ | 大岡屋はなれ »