« 沖縄旅行記➀ | トップページ | 沖縄旅行記②-2 »

2012年7月10日 (火)

沖縄旅行記②-1

2oki3 【@安座真港】

2日目は、5時起床の6:30ホテル出発で、【久高島】へ行くべく、

安座真港を目指しました。

早朝で道がすいていて、随分早めに到着してしまいましたcardash


旅行前、「せっかくだから、日帰りで行ける離島を巡ってみたいshine!」と

調べて、たどりついたのが【久高島】。

沖縄に“神の島”と呼ばれる場所があるのは知っていましたが、まさか

本島からフェリーで、20分ほどの距離にあるとは思ってもみなかったので、

この機会に、有難く訪問することにしましたconfident

2oki4

琉球の始祖アマミキヨが最初に降臨したという神の島【久高島】には、

パワースポットブームもあり、一昔前では想像もできないほど、観光客が

押し寄せるようになったとかship

フェリー乗り場には、島を訪れる心得として「神聖な場所であること。」

「観光地ではないこと。」を記した大きな張り紙があり、島の人達が沖縄の

聖地を、大切に守り続けている想いが伝わりましたheart02

2oki50 【@久高島】

植物がうっそうと茂った、細い路の先に現れるのが、この浜辺lovely

もう、本当に「天国に来ちゃったの?」と思うほど、“美しい”なんて言葉では

到底足りないほどの、息を飲む絶景。

Dsc04627

島の人達が暮らす南側の集落では、絶えず優しい波の音が聴こえてきます。

台風の脅威は、実際に体験した人でしか分からないそうですが・・・typhoon

2oki30【内間さんの後ろ姿】

そう教えてくれたのは、今回のガイド役を務めて下さった、内間さん。

【NPO法人 久高島振興会】のホームページを見て、3時間コースを

お願いしたのですが、このガイドツアー、とってもお薦めですpaper!!

2時間コースは4人まで5,500円/回。3時間コースは4人まで7,500円/回で、

(7人までのコースもあり)、とってもお得です。

ガイドさんの車で、島の見所をくまなく回ってくれるので、熱射病で倒れる心配も

ありませんgood

私たちの担当をして下さった内間さんは、島の人なら知らない人はいない!

というイラブー(神聖な海蛇)取りの名人でした。

島の歴史はもちろん、東南アジアや言葉の由来にも詳しく、とっても勉強に

なりました。

充実した3時間のガイドツアーを「ありがとうございましたhappy01!」

2oki53

「もっと居たいよ~。」「夜空はどれくらいキレイなんだろう?」と後ろ髪をひかれる

思いで、あとにした【久高島】sagittarius

写真に残すことは遠慮しましたが、島の最高聖地とよばれる、沖縄七御嶽の

一つ(御嶽(うたき):琉球の神が宿る聖地の総称)【クボー御嶽】は、究極の自然の中に、

神様が祭られていました。

立入りが禁止されているので、入口のみの見学ですが、それまでに感じたことの

ない空気感と風景が、強烈に印象に残って、今も【クボー御嶽】思い出すと、

心が安らぐのを感じますconfident


感受性が敏感な人は、御嶽の前で涙が止まらなくなったり、オオゴマダラという

大きな蝶が現れたりするそうですが、鈍感な凡人夫婦には何も起こりません

でしたsweat02


2日目午後からの旅行記は、明日以降につづくwink

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 沖縄旅行記➀ | トップページ | 沖縄旅行記②-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄旅行記➀ | トップページ | 沖縄旅行記②-2 »