« 春の花壇 | トップページ | 堀美術館 »

2012年5月12日 (土)

プラネタリウム

No1

2011年にリニューアルした、名古屋市科学館内のプラネタリウムへ

行ってきました~run!!


といっても、昨夜の催し物はちょっと特別で、毎月1回PM6:30~から、

約1時間開催される“大人向け”のプログラムbar

しかも、往復はがきで申込み後、当選者のみが参加できるという

プレミアム感たっぷりの仕組みで、私は、毎回6~10倍という激しい競争の中、

三度目の正直で、やっと当選したのですbell

(三度目の葉書には、かなり念を込めてポストINしましたcatface。)

ちなみにこのプログラム、無料ではありませんよ。

大人一人700円でございますmoneybag

(開館時間内なら、展示室+プラネタリウムで800円/人で観覧できます。)


No2

(↑宇宙船がビルの間に不時着したようです)

TVや新聞などで、リニューアル以降、常時混雑しているのを知っていたので、

「いかほどのものか?」とワクワクしながら入館note


No4
(↑開演前なら撮影O.K.です)

世界最大の35mドームとゴージャスな回転シートに、私の知っていた

プラネタリウムのイメージは一新しましたshine


そして、なんと言っても、投影される星空のリアルなことったら・・・。

「最新のデジタル映像って、ここまで進んでいるんだなぁ。」と感心

するばかりconfident


都会の空から順に、山奥の満天の星空が投影された時には、

昔、夏の旅先で友人たちと見た、手が届きそうな、体まるごと宇宙に

消えてしまいそうな、圧倒的な思い出の中の景色とリンクして、

館内にいる事を、忘れてしまいましたmoon3


ふと、我にかえると、頬に涙が伝っていて、自分でも驚きましたが、

周囲からも、鼻をすする音や、前列の人の中に、涙を抑える仕草の

人がいたので、“DNA細胞に眠る太古の記憶”に触れた人は、

(?もちろん、お得意の妄想です。)私だけではなかったのだと

思いましたsagittarius

それくらい、臨場感があったという事をお伝えできたかな?


名古屋市に、こんなに素晴らしい施設があるのは、嬉しいですね~good

プラネタリウムの他にも、科学館内には興味深い展示室がたくさんあるので、

今度は休日の朝から、探検にでかけてみたいと思いますhappy01


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 春の花壇 | トップページ | 堀美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の花壇 | トップページ | 堀美術館 »