« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

冬の空

Sora7

買い物の帰り道、澄んだ青い空をながめて歩いていたら、

翼をひろげて飛んでいる鳥のような形の雲を見つけたcloud

家に帰って、カメラを構えると、今度は空を泳ぐイルカのように

見えたyacht


ただ、それだけのコトだけど、大気汚染でいつもくすんでいた

中国の空から、「日本へ帰ってきたんだなぁconfident。」と改めて思う。


空を見て歩きながら、四季折々の変化を楽しめるって、幸せheart04


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2012年1月27日 (金)

The Bad Day

ちょっと、聞いてください。

最寄の携帯ショップに、予約をしていた新しい機種の購入手続きに

行きましたmobilephone

予約をするにも2時間待ちだった、大盛況店なので、恐らく一段落する

だろうと読んだAM11時半&縁起を担いだ、大安吉日good

しかし、予想を反して店内は順番待ちのお客さんで、溢れかえっていました。


番号札を取り、仕方なく近場で時間をつぶすこと1時間。

お店に戻って、雑誌を見ながら待つ間に、住所等の記載や、金額の確認

などが進められました。

その間には、しびれを切らして、帰るお客さんが数人down

私の空腹感もピークに達した13時半頃、あろうことか「携帯電話の他に

別の商品を契約しないと、提示していた金額にはならない。」との説明がthunder


私、2時間待ちの上、空腹も重なって、一瞬にして脳が沸騰してbomb

「話が違うじゃないですかーangry!」と声を荒げてしまいました。

普段、店員さんに高圧的な態度で接する人を、哀れな目で眺めていた

私ですが、もうそんな事、関係ない!

しかも、怒りをあらわにする私に対して返ってきたのは

「左様ですかgawk。」

という、なんともマニュアル的な返答。

『ここは、江戸時代かぁーpout!!』 (心の声)


予算オーバーの金額となったため、再検討し改めて電話をする事を伝え、

担当者の名刺をもらった後、ブリブリしながら店を出ましたannoy

背後からかかった言葉は「ありがとうございました~♪。」


忙しすぎて、感覚が麻痺してしまっているだろう事や、店舗規模に対して

来客数が多すぎるなどの原因も理解できると思いつつ、怒りは治まらず

ぶつぶつ言いながら二駅分を歩いて、ケンタッキーへrun

よだれを垂らした犬のように、カウンターへ直行し、ランチに決めていた

ビスケット付の“マイごちセット”を注文。

3時近くで、店内にお客さんはいなかったのに

「ビスケットの焼き上がりまで5分お待ち頂けますか?」の声。

『待てるかぁ~、そんなもんpout!!』(心の声)

「じゃぁ、いいです。」と即行で店を出た。


怒りと空腹で、早くお腹を満たしたい私は、次に徒歩一分のコンビニへ。

ロールケーキを手に、レジで肉まんを一つ注文した。

「あ~今、肉まんだけ出来上がっていないんです。ピザまんはいかがですか?」

>『いるかぁ、そんなもんpout!!』(心の声)

「じゃぁ、いいです。」と、ロールケーキを戻して店を出た。


結局、家にあったパンを食べて、憂さ晴らしのために、レンタルしていた

コメディ映画を見ることにしたmovie

大笑いをして、悪循環の連鎖を吹き飛ばしたかったのだ。


映画が始まって10分、モーガン・フリーマン以外の役者が、事前にチェック

していた情報と違うことに気づくsign02

よくよく調べてみると、観たかった作品は【RED】。

で、私が借りてきたのは・・・【BAD】

『まぎらわしいわ~pout!!!』(心の声)


私の一日を象徴するようなタイトル、【BAD】に、もう笑うしかなかった

嘘のような、ホントの話。


人生、こんな日もありますよね~。

ご清聴ありがとうございましたconfident

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2012年1月25日 (水)

DVD鑑賞その1

「船便が到着して、引越し作業が完了してから・・・。」と思っていましたが、

やっぱり我慢できずに、レンタルビデオ店へ行ってきましたrun

観たかった2011年の映画を片っぱしから借りてきましたよ~。


7泊8日で7本借りたDVDのうち、私の一番のお気に入りはcrown【ミックマック】。

Photo

大好きな【アメリ】の監督、ジャン=ピエール・ジュネ作品です。

個性的な登場人物に、終始繰り広げられる、芸の細かい“復讐のいたずら”。

くすくす笑いが絶えなくて、観終わった後に、じんわりと心が温かくなりますheart02

フランスかぶれの私としては、芸術性の高い(と個人的に思う)ワンシーンごとを、

絵画のようにじっくり眺めたい衝動に駆られます。

この作品だけは、返却前に2度観たので、恐らくまた借りにいくことでしょう。

(私は個人的に大好きな作品なのですが、どうやら世間一般では好みが大きく

分かれるようです。悪しからずconfident。)


その他、鑑賞したDVDは

Photo_2 【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2】

途中、何作かは見逃してしまっていたのですが、問題なく鑑賞できました。

「劇場で観たら、も~っと迫力があっただろう。」と想像しながら、スケールの

大きさ+音楽効果で、時々鳥肌が立ちました。

第一作目の公開から11年。主人公の子供達と、夢を与え続けた作品の

成長を感じましたshine

Photo_3【ヒア アフター】

最初の津波のシーンには硬直despair。震災後、上映中止の判断になったのは

ごもっとも。

私は、もう少し死後の世界に踏み込んだ作品かと思っていたので、少々

期待はずれではありましたが、クリント・ イーストウッド監督の引き出しの

多さに脱帽でしたdrama

Bs 【ブラック・スワン】

ナタリー・ポートマン恐るべし!!

「えっ!?何?何?」と思いながら、ストーリーに引きずりこまれていく

感覚でした。

“狂気”に感染してしまったような、鑑賞後の脱力感sad

私の中のカテゴリーとしては、ホラー映画に属します。

映画ってスゴイ!どうぞ心してご覧下さい。

Photo_4【英国王のスピーチ】

アカデミー作品賞受賞作。私は好きですnotes

人間味溢れる王族の人々の悩みや、人間関係が、心ある温かいヴェールに

包まれ描かれているように、感じました。

こちらは鑑賞後、湯船につかりながら、ゆっくりとストーリーを反芻したくなる

作品でしたhappy01


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2012年1月23日 (月)

慣れない。

休日ごとに、電器屋・家具屋めぐりをして注文した商品が、届き始めました。

その中のひとつ、十年選手と交換した“トイレの便座”の設置工事が一昨日

終了しましたnote


家電好きの旦那さんが選んだのは、トイレの扉を開けると便ふたが

自動で開く、『人センサー』付きの物wheelchair

掃除も簡単にできて、もちろん省エネ!


大変優れモノなのですが、何度トイレに行っても慣れない私・・・。

寒くて近くなるトイレに行くたびに

「うわっ、ビックリした\(◎o◎)/!」を繰り返す。

例えるなら、気配を消していたカバが、近づいた途端に急に口を開けた!

って感じでしょうか?

それも『ウィ~ン』って機会音つきでwobbly


便座に座り、おしりを温められながら、驚きで高鳴った鼓動を沈める。

「今までなんと無防備に、自宅トイレの扉を開けていたことか・・・think。」


中国でのトイレ恐怖体験を乗り越えた今、新たな試練が始まる。

きっとすぐに慣れるだろうけどネwink


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2012年1月16日 (月)

2012年初投稿!

日本へ本帰国後、ホテル住まい約1週間のち、名古屋の自宅へ戻って

2週間が過ぎました。

ネット環境もようやく整って、本日2012年初のブログUPとなります!

本年もどうぞ、よろしくお願いしますhappy01


さて、日本へ戻ってからの生活は・・・といいますと、中国でも日本語どっぷりの

生活だったので、難なく馴染んで、1年半上海や北京で過ごしていたのが、

まるで夢のようですshine


それでも自宅周辺には、新築の家が数軒建っていたり、新しいお店ができて

いたりと、細かい変化はありましたhouse

しかし、空気がキレイで、スーパーに並ぶ品物は安全&新鮮なのは、嬉しい

ねぇgood

何より、痰を踏まないように道路を凝視して歩かなくていいことや、恐る恐る

公衆トイレの扉を開かなくてもいい環境が、有難い!!


車・家具・電化製品を処分してしまっていたので、無いものだらで、

ダンボールに囲まれた生活を送っていますが、夫婦共々、無事に日本へ

帰ってこれた幸せを、しみじみと感じていますconfident


今は、新しい仕事を探しつつ、生活必需品の詰まった、船便の到着を心待ちに

している、今日この頃ですnotes


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »