« 北京のパン屋さん | トップページ | なりたい女性(ヒト) »

2011年12月16日 (金)

世界遺産4【故宮博物院】

Photo <Photo@故宮>

【万里の長城】と並んで有名な、北京の観光名所【故宮博物院】。

明と清の時代、492年に渡って計24人の皇帝が暮らした、

別名【紫禁城】crown

天安門広場とセットで観光に訪れる人達が大勢いて(私もその一人)

広大な故宮内は、どこも混雑していました。

7

↑鶴だとばかり思っていたら、皇后の幸福のシンボルの“鳳凰”だそう

です。ただの装飾品ではなく、歴史と威厳を感じますshine

Photo_2

私が【紫禁城】の強烈なインパクトを受けた映画、『ラストエンペラー』を

思い出した一枚movie

皇帝以外歩くことが許されなかった、龍の彫刻が施された長い階段

『御路』が印象的です。

この高台から、広場にぎっちりひれ伏した部下達を、見下ろしたであろう

皇帝。(一人が米粒くらいの大きさ)

神のごとく扱われる誇りよりも、皇帝であるがゆえの孤独感に想いを

馳せたのは、やっぱり私が凡人だからでしょうかsweat02

2

どの殿内も、赤×ゴールドが基調となっています。

天井の装飾も手抜きなくゴージャス!完璧すぎて、息がぬけません。

28 

故宮の屋根の象徴でもある、神獣たち。

魔よけも兼ねていたそうでうですが、なんともCuteでheart02、たくさん写真を

撮ってしまいました。


南の天安門から北の神武門まで、ガイドさんについて、必死に歩いた

約一時間run

5つの主要宮殿と、3つの門を見ましたが、正直、最後はみんな同じに

見えてしまいました・・・。(スイマセンcoldsweats01

もちろん一時間で見学できたのは、博物院のほんの一部で、宝物展示場

と併せて、じっくり見学したいなら、2日間かかるそうです。


歴代皇帝の権力の象徴【紫禁城】。訪問の際は、心してお出かけ下さいhappy01

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 北京のパン屋さん | トップページ | なりたい女性(ヒト) »

北京LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京のパン屋さん | トップページ | なりたい女性(ヒト) »