« 世界遺産2【明の十三陵】 | トップページ | 北京を実感! »

2011年12月 4日 (日)

北京動物園

Zoo40  <Photo@「北京動物園」>

今日は、北京に来てからの“回想日記”ではなく、本来あるべき姿の

『Daily日記』をUPしますbook


日本にいたなら「スキーにでも行くの?」と聞かれそうな、完全防備の

服装で出かけた先は、【北京動物園】ski

「上海よりも、たくさんパンダがいる!」との事で、行ってみたかった

場所のひとつ。

いましたよ~。中国のチビッコ達にも一番人気のパンダhappy02!!

しかし・・・

Zoo51

寝ているsleepy

Zoo50

寝ているsleepy

Zoo58_2

レッサーパンダも・・・寝ているsleepy

「ぬいぐるみではないのか?」と凝視してしまうほど、微動だにせず

眠っていましたよcatface


その他、動物園の人気者、『ライオン』『トラ』『ゾウ』のほとんどは、

野外ではなく、飼育小屋にいました。

私は初めて、暖房の入った小屋というものを体験したのですが、

その匂い(臭い)と、異様な生暖かさに、ちょっと「うぇッbearing」と

なってしまいました。

寒冷地域の動物園は、どこも同様になっているのでしょうか?


Zoo60 

↑こちらは、珍しく、起きて野外でウロウロしていた、ホワイトタイガー。

凛々しくて、美しいshine!!

しかし、私が注目したのは、私の隣にいた、よく日焼けした現地のおじさん。

楽しそうに「ウォー」とか「ガォー」とか、トラ風声真似を、一人で飽きもせずに、

ずーっとやっていましたdelicious

(ホワイトタイガーが彼の声に反応していた形跡はなし。)

「こういうおじさん、どこの国でも一人くらいはいるよな~。」と思いながら、

その場を後に。


そして、本日最後の写真はこちらっ!

Zoo56

北京動物園イチオシの、パンダグッズファッション。

「どうだい、イカすだろ~good。」

キャップには、インパクト大のパンダをあしらってあります。

この他にも、ぬいぐるみは勿論、アクセサリーから耳あてなどの防寒具、

筆記用具まで、数多くのパンダグッズが揃っています。

一見の価値あり!ですhappy01


中国最後のパンダ見収め日。

寝姿ばかりだったけど、幸せな気分になりましたheart04

ありがとうね。

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 世界遺産2【明の十三陵】 | トップページ | 北京を実感! »

北京LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産2【明の十三陵】 | トップページ | 北京を実感! »