« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

ありがとう上海!

いよいよ明日、北京へ出発しますairplane

文化の違いに、ビックリしたり、腹が立ったり、孤独を感じてブルーになったり

もした上海生活だったけれど、この1年2ヶ月はとても貴重な体験となりましたconfident


本当に大変な駐在期間だった旦那さんも、体を壊すことなく、無事に任務を完了

できた事に、とにかく感謝shine

そして、上海での生活に集中できたのも、日本からサポートしてくれていた、家族

や友人のお陰なのです。

「ありがとう happy01。」


予定より早く本帰国する旨をメールで報告したところ、再会を楽しみにしてくれて

いる友達が、たくさん返信を送ってくれて、とっても嬉しかったですloveletter


慌しく上海を去ることになってしまったけれど、少し名残惜しささえ感じる、

予想外な(?)、乙なお別れとなりました。


私の人生の1ページを飾ってくれた、上海へ。

たくさんの出逢いと思い出を、心より 「ありがとう!!happy01


次回は、北京よりブログを更新いたします。(予定)

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (2)
|

2011年10月20日 (木)

お礼行脚

Photo_4

“部屋から見える素敵な景色”が決定打となって、数ある候補の中から

選んだ、上海自宅のマンションbuilding

1年2ヶ月の間、16Fから眺めた四季折々の風景は、上海の大切な

思い出となりました。

特に、地鳴りがするほどの、祝日の盛大な花火は、ずっと忘れないだろうなぁconfident


開発地区の浦東は、自宅近くでも日々、ビルやマンションが建設されていて、

一年後は、随分と景観が変わっているのではないかと思います。

3

実は、本格的に風邪をひいてしまった私ですがcoldsweats01、「今回は気合で、風邪を

やっつけてやろう!」と決めて、スケジュールを強行しているうちに、

9割がた回復いたしましたscissors

オバちゃんも、無理をしてみるものですね~。

最後にぶり返さないように、十分に気をつけるつもりですが・・・。


今週は、何度となく足を運んだ、上海のお気に入りの場所に「ありがとう。」

の感謝を伝えながら、街歩きをしていますheart04

最終週は、上海で出逢った貴重なお友達が開催してくれる、送別会と続きます。


いよいよカウントダウンですwatch

引越しの準備を進めながら、心の準備も整えていきたいと思いますhappy01


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年10月17日 (月)

上海激走!

Photo_3

<Photo@『王家沙』 Data:地下鉄2号線「南京西路」下車>

上海での生活が今月末までと決定してから、“悔いを残すまいgood!”と

過密なスケジュールを組んで、毎日上海市内を飛び回っています。

気持ちの切替えは素早く!時間を有効に使わないとねhappy01


来年3月にかけて、月に1着のペースで作ってみようと思っていた冬物を

一挙に布市場で作ったので、あっと言う間に、お小遣いが底をついて

しまいましたsweat01

以前から目をつけていた、日本へのお土産も、お店をはしごして

買いこんできましたよ~notes


来年、妹が遊びにきた時に行こうと思っていた、ローカル中華店『王家沙』

へも行きました。

地元の人達に交じって、お惣菜コーナーで、エビの炒め物やゴマ団子、

ちまき等を買ってきましたrestaurant

Dsc03771

さすがは、行列のできる人気店。

いずれも味がしっかりとついていて、おいしゅうございましたcancer


突然張りきって街歩きしすぎたせいか、鼻水が出て喉が痛いbearing

こんな時に風邪ひいてる場合じゃないよ~。


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年10月14日 (金)

別れの季節?

Photo <Photo:@世紀公園>

↑写真は、国慶節の時に、近所の世紀公園へ出かけた時の物です。

春と同じように、二人乗りの自転車を借りて、園内を一周したのですが、

広大な敷地にコスモスが植えられていて、秋の空に映えて、とてもキレイ

でしたbicycle

「来年はこのコスモスの前で、年賀状用の写真を撮るのもいいなぁ。」と

呑気に思案していた、10日前の出来事が嘘のように、月末に向けて、

ハードなスケジュールが、着々と決まっていきますbook


あまりにも急な辞令だったので、「私一人は引越し準備の名目で、11月

中旬までは上海に残留できるんだろうconfident。」と考えていたのですが、

甘かったcrying

「もしかしたら・・・。」と希望を抱いていた、2組の上海アテンド役もカラー資格

取得も、バッサリと諦めるほかなくなってしまいましたdespair



なんだかね、思うんです。

特に好きでもなかった男の子に言い寄られて、「じゃあ、もう仕方ないから、

いいよvirgo。」と、しぶしぶ高飛車モードでお付き合いを始めて、いい感じに

なってきたところでheart02、男の子から突然フラれてしまった、女の子の気持ちって、

今の私みたいな感じなのかなってsad


まぁ、あくまで私の妄想ですけど・・・。(実体験まるでナシ。)

なんか釈然としない、複雑な心境なのです。

Photo_2

↑植木も秋の芸術作品へと衣替えしていました。


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年10月10日 (月)

晴天の霹靂\(◎o◎)/!

突然ですが、わたくし、旦那さんの人事異動で、来月には北京へ→年度末には、

日本へ本帰国する事となりました。


昨日の朝、旦那さんに言われた時には、悪い冗談かと思いました。

昨夜、上司から内示が出たそうですが、赴任時よりも、情け容赦のない

辞令に「そんな事ってあるのか?」と、ただ、ただビックリsadsad!!


11月には2組のお客さんが来て、上海を案内する予定だったのと、カラーの

資格取得を目指して本格的に取り組む計画を立てていたので、昨日は一日中

パニックでしたshock


「本当に、こんな事ってあるんだなぁ・・・。」

まさに、晴天の霹靂thunder


まだ心の整理ができていないのと、引越しなどの詳細が全く決まっていないので、

決定次第、友人・知人に報告をしようと思っていますloveletter


嬉しくもあり、残念でもある・・・なんだか複雑な心境。

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (1)
|

2011年10月 7日 (金)

上海音楽花火フェスティバル

Hanabi6

今年も【上海国際音楽花火フェスティバル】が、自宅近くの世紀公園で

行われましたshine

昨年は旦那さんが出張だったため、一人で鑑賞しましたが、今回は一緒に

9月30日・10月3日・6日の3日間、天気にも恵まれて、余すところなく楽しむ

ことができましたhappy01

23

しかし、今年もチケットを購入した訳ではなく、近所の橋からの無料鑑賞scissors

回数を追うごとに、橋での観客が増え、最終日はたいへんな賑わいでした。


花火の色がキャンディーカラーだったり、大輪の中にハート型が現れたりheart01

ニコチャンマークだったり・・・、計6カ国の個性溢れる花火と音楽を、心地よい

夜風に当たりながら、目に耳に焼きつけましたmoon3

1

特に、オープニングを飾ったド派手な中国の花火には、“経済発展の証”を

感じ、ファイナルのドイツの花火は素晴らしい音楽のチョイスに、“芸術性の

高さ”を感じました。

夫婦揃って見る事のできた、国慶節の思い出に感謝confident


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年10月 6日 (木)

国慶節記③

9 <Photo:@「安亭老街」>

お~っと、書き忘れてしまいましたが、博物館からサーキット場へ移動する

間に、行ったのが【安亭老街】。

「一日に3ヶ所。行くよね~♡ (古っ!)」ですけど、あまり距離が離れていな

かったので、問題はありませんでしたconfident。(車での移動ですけど。)


【安亭老街】を訪れたのは、“国慶節中は地元のグルメを始めとして、日本や

韓国、西洋のグルメストリートが登場。”というコミュニティ誌の記事を見たから。

もちろんお目当ては、日本のグルメrestaurant


「焼そばかなぁ?お好み焼きかなぁ?」とランチする気満々で、グルメストリート

と言う名の、屋台街を歩き回ったのですが、結局“地元グルメOnly”で、他国の

屋台はまったく見当たらず、「また騙されてしもた~sad!」(中国あるある)

94

↑菩提寺に隣接した庭園で見つけた、飛び石。

上海ではなかなかお目にかからない、オシャレなデザインだったので、

お腹をすかせながら、記念に撮ってきましたnote


この日、ランチにありつけたのは、サーキット場見学後のPM3時頃。

コーヒー店の小さなパニーニ半分で、ほとんど“おやつ”でしたcoldsweats01


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年10月 5日 (水)

国慶節記②

7 <Photo:@「上海国際サーキット場」>

「上海自動車博物館」の次に訪れたのが、同じく“安亭”にある

【上海国際サーキット場】rvcar

(えぇ旦那さま。あなたの趣味にトコトン付きあいますともwink。)


国土が広いと、サーキット場もゴージャスに設計されていますよ!

コースは漢字の『上』を模してデザインされたそうで、(全体図を見ると

分かります。)2004年に初のF1グランプリ開催。

Photo

案内係の若い女性に引率されて、サーキット場の主要場所を見学。

「こんな貴重な場所、他の国ではめったに見られないhappy02!」と、一人

テンションが上がりっぱなしの旦那さんup

Dsc03711

↑命を賭けた闘いに、勝った者だけが立てる表彰台にも、ありえないくらいの

至近距離で見る事ができました。

(写真は近すぎて、上手に写っていませんでしたthink。)


約1時間弱の見学ツアーは、大人50元。

「これはお得だなぁ~。」と、いつまでも感動覚めやらぬ旦那さんlovelyと、

その価値が全く分からない私でありました。


「今日も一日ありがとう。」 

| | コメント (0)
|

2011年10月 4日 (火)

国慶節記➀

今年も開けた窓から、金木犀の香り漂う、いい季節となりましたnotes

中国は10月1日が国慶節という休日に当たり、多くの会社や学校は

1日~7日まで連休となります。


昨年は、休みがなかった旦那さんも、今年は2日間出勤があるのみ。

海外旅行に行けなかった無念は以前、ブログに書きましたが、その代わりに

“のんびりと上海市内を巡る休日”を計画しましたgood



3 <Photo:@「上海自動車博物館」>

最初に出かけたのは、上海市北西部の安亭という街にある

【上海自動車博物館】。

・・・って、「旦那さんの趣味に付き合っただけやないか~いhappy02sweat01。」


博物館は曲線美を感じるモダンな建物で、さすがは中国、館内が広いっ!!

0

各国の新旧の車が、ずらりと展示されていて、十年ほど前までは

『自転車の国』だったとは思えない、充実ぶりbicycle

2

↑一台あたりのスペースがたっぷりだから、こんな展示方法もありです。

祝日で、家族連れやデジタル一眼持参のマニアックそうな方々が来館して

いましたがcamera、まだ知名度が低いのか、お客さんの数はチラホラ。

ベンチに座って、お弁当を広げている人達もいましたよriceball

ちなみに、大人入場料は60元です。


車への興味が極薄の私としましては「TOYOTA博物館と何が違うの?」

という印象でしたが、旦那さんは楽しそうに、時折解説をしてくれながら、

車を眺めていました。

よかった、よかったhappy01


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »