« 南外灘布市場 | トップページ | 来海一周年!! »

2011年8月13日 (土)

帽子にまつわる話

Photo

以前、私の“帽子好き”について、書いたことがありますが、上海へ来て以来、

毎日着帽【可】の環境と(仕事をしていないので)、日本に比べて、格安で

帽子が購入できることもあって、ますます拍車がかかっていますdrama

上記写真は、夏用帽子の一部。


“使う物だけを身の回りに置いておきたい”タイプなので、年齢と共に似合わなく

なった帽子は、処分してきたはずなのに、増えてしまったsweat02

(20代に、お洒落なパリジェンヌ風にかぶれていたはずのベレー帽が、どう

工夫しても、“おばあちゃん風”にしか見えなくなった時のショックったらshock・・・。)


今、上海市内で一番多く販売されているのが、【中折れ帽】。

8

服飾市場の七浦路にも、帽子専門店が数店あって、日本では入手できない、

カラフルかつお手頃価格な商品が、私の購買意欲をそそります。

しか~し、残念ながら、この【中折れ帽】。

・・・私、あまり似合わないのですcrying

マイケルみたいに、小顔でアゴがシャープなら、良かったのでしょうけど、

頭部が大きく見えて、バランスが悪くなってしまいますdown


「その割には、写真にたくさん写っとるやんけ!」と思われるでしょう。

性格上、“コレクター”的な要素は全くありませんng

「似合わないから、やめておけ。」という、心の葛藤を経て、残った勝者たちが

私の手元にあるのですcrown。(お財布的には弱者だけど)

これでも、入手を諦めた帽子たちは、たくさんあるんですよ~。

「似合わないけど・・・。」自分で気にするほど、他人は誰も見てないのが真実

ですからネscissors。(オバさんの開き直り)


そういえば、昨日地下鉄内で会った英国紳士風の欧米人初老男性に、

かぶっていたハンチングを褒められましたshine

「Excuse me.」と軽い会釈と共に声をかけられ、駅名について質問されるの

かと、構えていたら

「Your hat so nice.」

と笑顔つきのプレゼントgood


二言三言、会話を交わした後、紳士は下車していきましたが、わざわざ帽子を

褒めるために声をかけてくれた、欧米人ならではの素敵な心遣いに、私の

ハートはすっかりヤラれてしまいましたlovely

そして、「やっぱり来世はフランス人の美女に生まれたい!!」と固く決意をした

私でした。(←不治の病なので、どうぞ、ほっておいて下さいdelicious。)


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 南外灘布市場 | トップページ | 来海一周年!! »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南外灘布市場 | トップページ | 来海一周年!! »