« 真夏の豫園② | トップページ | チーズケーキ »

2011年8月 2日 (火)

ゾクゾク窓掃除

契約時に“年に二回”と聞いていた、マンションの窓掃除が、ようやく実現

されましたshine

約1年前に入居してきた時には、透明だった窓ガラスも、大気汚染や付近の

ビル建設地から飛んでくる、チリや埃で半透明に・・・。

この部屋のウリだった『窓からの外観』も、ぼやけたモノとなり、早目の清掃を

望んでいましたthink


で、今朝から窓を閉めて、待っていると、気配がしてきました~。

最上階の23Fから下ろされたロープの揺れが、徐々に強くなってきて、

「きた きた 来たぁ~happy01。」


私は本を読みつつ、窓の方をチラ見をしていると、一番先に目に飛び込んで

きたのは、掃除用のゴンドラではなく、ナント、人の足wobbly!!

おまけに、掃除をしているお兄ちゃん達は、ヘルメットも被ってな~いshockshock!!

腰には、水の入ったバケツがくくりつけられ、命綱ってどこにあるの??

もちろん、私は読書はそっちのけで、清掃員の挙動にくぎづけeye


ここは中国ではありますが、時は2011年。

今や世界第2位の経済大国であり、上海は中国きっての経済都市ですよ。

ましてや、マンション内はすべて日本製を導入している、新しいマンション

なのに、清掃方式は、古来からの伝統方式を採用するなんて・・・gawk


何かの見間違えかと思って、ベランダに出て確認してみましたが、やっぱり

ゴンドラはなく、お兄ちゃんが綱を巧みに操って、下界へと消えていく途中。

家は16Fだけど、それでも結構な高さで、足がすくむぅ~bearing


リスク管理とは無縁の“中国清掃雑技drama”に感心しながら、自分が窓掃除を

する妄想をした途端、ゾクゾクと寒気がして、暑さを半減させてくれましたsweat02

「どうぞ、無事にお掃除終わらせてね~(祈)。」


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 真夏の豫園② | トップページ | チーズケーキ »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の豫園② | トップページ | チーズケーキ »