« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

真夏の豫園②

Small <Photo:@上海福民街小売品市場>

大抵のガイドブックには【豫園】と、その周辺の見所として【豫園商城】という、

大型商業施設が紹介されている。

中国のお茶・工芸品など、土産品を扱うお店が数多く立ち並び、また中華

料理を堪能できるお店もあるnoodle


商城内を歩いているだけで、“上海へ来たんだ!”とテンションは上がってくる

のだかup、ここは観光客向けのお店なので、品物の価格が高めdollar


そこで、私がお薦めしたいのは、豫園北側の<福佑路>沿いに建つ、

【上海福民街小売品市場】。


「また市場かっ!」と思われるかもしれませんが、市場こそ中国の醍醐味wink

家族や友達が上海へ来た時の、アテンド先候補のひとつです。

【豫園商城】以上に、驚きとドキドキを兼ねて“上海へ来たんだhappy01!”と、

実感できる事、間違いなし。

(スリに注意!のスリル(?)もあるので、「そんなリスクはいらない。」or

「中国雑貨に興味なし」という方には、お薦めできませんcoldsweats01。)

6_small

タオル・文具・アクセサリーetc・・・、生活の身の回り品の雑貨を扱うビルが

4軒ほど並んでいる。

ビル内は境目も分からないほど、小さな店がひしめき合っているのだが、

市場を訪れる現地の人と観光客も、ごった返してして、狭い通路をすれ違う

のにも、一苦労sweat01

ただ、その熱気を見て感じるのも楽しいと思う。


市場を久しぶりにのぞいてみると、やはり、観光客が少ない分、若干閑散と

している様子。

店先で居眠りをしているおじさん、一心不乱に商品のアクセサリーを作って

いるお姉さん、店番をしながらアイスクリームを食べているオバさんdelicious

混雑している中では見られない、“上海らしい”日常風景を観察できるのも

また楽しい時間だったwatch


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月29日 (金)

真夏の豫園➀

Photo

“夏の半冬眠生活”を宣言してはいたけれど・・・、やっぱり一日中家で

過ごすのが苦手は私はdown、暑さ覚悟で、久しぶりに上海一の観光地、

【豫園】へ出かけてみましたrun


Photo_2

春や秋の観光シーズンには、身動きがとれないほどの人で賑わう

九曲橋付近の広場も(写真上)、人はまばら。

来場者は、夏休み中の現地の子供&祖父母と見られる、組合わせ

が一番多くて、欧米人団体客はまったく見かけませんでした。

自国に素敵な避暑地のある人達が、“蒸し暑いだけ”の時季に、好んで

上海観光に来るはずもありませんよね~bus


5

いつもは「橋ごと沈むのではないか?」と思うほど、人の往来の激しい

九曲橋からも、ゆったりと写真が撮れましたcamera

ピンクの蓮が、とてもキレイな花を咲かせていました。

4

暑くて、汗もいっぱいかいたけれど、家でくすぶっているより、思い切って

外に出たほうが、一日の充実感がうんと増す事を実感shine

だけど、手入れはしているつもりなのに、来海以来、手と腕のシミがうんと

増えてきた事も事実・・・。

悩める年頃だわ~despair


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月28日 (木)

桃をいただきました。

3

旦那さんの会社のドライバーさんから、もぎたての桃を戴きましたheart02

お友達が、桃農園を経営しているそうで、箱にはズッシリたくさ~んの桃。


中国の果物は、見栄えは普通でも、中身は何の味もしない、いわゆる

“ハズレ”も多いので、ドキドキしながら試食してみると、『甘~い!』

やった~delicious!!


固めの物が多かったので、夕食に2個ずつ大事に食べていたのですが、

ある日を境に、一挙に食べごろとなり、大慌てwobbly

残りの桃をすべてチェックしたところ、ひとつは白いカビが全面に生えて

アウト!

そして、もうひとつは、ぶつけて傷んだような箇所から、うねうねと赤茶色

の“しゃくとり虫(?)”が2匹、顔を出して「ウォ~shockshock!!」。

(こういう時にも、可愛く「キャー!」なんて声が出なくなってしまったのが、悲しい。)

「中国のもぎたて桃は、ワイルドなのね~。」と思いながら、やむなく2個を処分。

(ごめんねweep。)


その日から、4個分の桃を夕食のデザートとして出したので、あっと言う間に

なくなりました。

あぁ、なんてリッチだったことlovely


さぁ、次は食べごろをむかえた、“スイカ一玉”を食べつくすわよ~good!!


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月25日 (月)

上海の夏

昨年の8月下旬に来海して、すでに“上海の夏”を経験したかのような

気分でいたけれど、今となってみると、やっぱりアレは“夏の終わり”

だったのだ、と思うthink


先週末から、再び35℃を越える日が続き、おまけに湿度が高くて、

身体に堪える。

湿度85%って、ここはサウナかっbearing


昨年から気がついていたのですが、夏になった途端、現地の人達

は急に露出度の高い格好になります。

女性は、膝上20センチくらいのミニスカートやショートパンツ、TOPは

袖なしの洋服を着ている人が多いvirgo

現地の女の子は比較的スレンダーな人が多いので、長い手足を

活かして、素敵に着こなしている子もいるけれど、日本でいう若い子の

特権のような“ギャル服” (コレって死語じゃないよね?)を、上海では、年齢に

関係なく、また、体型に関係なく、女性陣がこぞって着ている。

オバちゃんも、おばあちゃんも、ただ、『暑いから!!』という理由で・・・smile


「足が太いから」「膝小僧に肉がついてきちゃったから」とか、

「二の腕が気になるから」とか、そんなのは一切なし。

『暑いから、少しでも涼しい服を着て、何が悪いscissors!』という“潔さ”が、

カッコイイではないかshine!!

私は真似できないけど。


よく観察すると、若い女の子の中でも、オシャレでミニを着こなして

いる子は、足元がヒール着きのサンダルで、ただ、暑くて履いている子は、

くたびれた“ビーサン”を履いているのが分かる。

“オバさん”達は、ほとんどの確率で“ビーサン派”でありますが、

こちらも『少しでも歩きやすい靴をはいて、何が悪い!』というコトでしょう。

ごもっともgood!!


それにしても、現地の男性陣が老いも若きも、Tシャツor肌着を胸の

あたりまで捲り上げて、お腹を出して暑さをしのぐ姿はいまだに慣れないdespair

鍛えあげられた腹筋を拝める機会はほとんどなく、大多数はでっぷりと

脂肪のたまったお腹で、バイクや自転車に乗っていると、何かの曲芸

のようにしか見えない・・・event

まぁ、『暑いから、腹を出して、何が悪い!』ってコトですよねhappy01


カルチャーショックに飽きない、楽しい国です♪。

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月23日 (土)

ハマってます!ホンチョ♪

2

【ホンチョ(紅酢:Hong Cho)】とは、韓国産のビネガードリンクです。

私は今月はじめに、日本のTV番組で紹介されていて知ったのですが、昨年の

韓国大ヒット商品で、すでに日本にも上陸していた様子ship

もともとビネガードリンクが大好きで、上海でも日本製の「りんご酢」を見つけた

のですが、かなり割高なため、仕方なくミネラルウォーターとお茶で、喉を潤して

いましたjapanesetea


ホンチョの入手先はココ↓。

Photo

古北にある、【韓国スーパー:1004Mart】です。

その名のとおり、韓国の商品を食料品から日用品まで、幅広く扱っている

のですが、果物も美味しく、新鮮な魚を売っているので、各週の休日には、

片道40分かけて、車で通っていますcar


化粧品なども取扱っているので、次回の帰国時にはネタのなくなった、

中国土産ではなく、“韓国グッズ”をお土産にしようかと・・・present


Photo_2

ホンチョ購入後、毎日コップ4杯はゴクゴク飲むくらい、とっても気にいって

いますnotes

種類も豊富で、今は「梅味」「ブルーベリー味」「ざくろ味」を交互に飲んで

いますが、その他にも「ブラックベリー味」「ジンジャー味」もあったので、

順番に試してみたいと思っています。

う~ん、ハマってるぅ~good


日本で購入するより、200円/本ほど安いようなので、本帰国時には

大量に買い占めて帰ろうと、今から計画しているのでありましたhappy01


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月20日 (水)

通販失敗談

ここに、夏になったら大活躍するであろうと思っていた服たちが、袖を通さない

まま袋に入っていますdown

先月の一時帰国前に、ネットで注文して、実家で受取ってきたTシャツ、ジレ、

ポロシャツなどsports

上海で気に入ったモノが見つからず、初めて通販で洋服を購入してみました。


私は、普段“必ず”試着をしてから買う性質で、このお陰で『後悔の買い物』を

かなり防いできたという、自負もありますconfident

ネット注文しなくても、夏を過ごせるだけの服はあると分かってはいたのですが、

商品を閲覧しているうちに、あれもこれもに魅力を感じ、欲望に負けた私・・・lovely


結果、7点のうち、思い通りの商品だったのは、たった2点だけ。

生地や袖丈が、写真で見た感じと全然違っていたり、衿の開き具合が気に

入らなかったりと、「店頭に並んでいたなら、絶対に買わなかった。」という

結末に・・・crying

部屋にいながら気軽に購入できる便利さはあるけれど、いつも納得のいく

一着を選びたい私にとっては、博打のような行為に終わってしまいました。


無駄な投資の反省点を活かすべく、今後は洋服は“店頭で試着をしてから買う”

事を、胸に誓った私でありましたpaper


服を増やしすぎないためにも、そろそろオークション出品方法を勉強してみよう

かな?

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月18日 (月)

見つけた!シューアイス♪

0

今朝は6時少し前の、旦那さんの「なでしこジャパン、優勝したぞhappy02!」って

声で起きました。

「アメリカには勝てないんだろうな~。」と思っていたので、本当にビックリsoccer

今日は何度もTVで、決勝戦のダイジェストを見ましたが、日本中を歓喜の渦に

巻き込んでくれた、選手の皆さんに感謝と、おめでとうございます!!ですcrown


さて、そんな“Happyモードの日”になんですがdelicious、まずまずイケてるシュー

アイスを発見しました。

なにせ、ハズレの多い中国のアイス。

とびっきり甘いか、味がしないか、表現できない不思議な味がするか・・・等を

いくつか食しましたdown

ハーゲンダッツのアイスがコンビニで売っているのですが、値段は日本と

同じなので、常備して頻繁に食べるには、贅沢すぎるmoneybag


日系スーパーで、新しく入荷していたシューアイスを、恐る恐る手にして

みたのは、アイスが好きなのと、何でもTryしてみないと分からない国

だから。(ただし、すべての責任は本人にアリcoldsweats01)


とびっきり美味しいわけではないけれど、6個20元(約250円)ならお買い得!

個人的には抹茶味より、バニラの方がイケてると思いますbell

今夏はこのアイスで乗りきろ~!!


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月15日 (金)

上海博物館②

D1

↑こちらは『中国歴代印章館』に展示されていた1000点以上の印章の一部。

「どんな時代にも、手先の器用な職人がいたんだな~。」とため息が出ました。

(各ブース毎に、中・英・日に訳された資料も設置されています。親切note!)



そして、私の一番のお気に入りは、4Fの『中国少数民族工芸館』。

D72

少数民族の伝統的な衣装などが展示されていて、細かい刺繍と各部族特有の

美しい配色に、釘づけになりましたlovely

最上階の4Fに着いた時には、来館2時間以上が経過していて、既に足が

パンパンになっていたので、次回は4Fから時間配分をして、鑑賞をスタート

したいですclock


素敵な博物館なのに、地元の人達の、携帯電話・館内での飲食・展示物への

接触などのマナーの悪さは、やっぱり残念bearing


でも、歴史に興味のない人でも十分に楽しめる博物館だという事を実感して、

アテンド先に加えたい場所が、ひとつ増えたのは嬉しい事でしたhappy01

日本からのお客さんで、「行きたい」って言ってくれる人はいるかなぁ~?


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月14日 (木)

上海博物館➀

Photo_3

<Photo:@上海博物館 Data:地下鉄「人民広場」駅下車 入場無料>

先週末から、曇りの日が多い上海cloud

湿度は高いが、35℃を越える晴天の日よりは過ごしやすいと、半冬眠中の

ぐ~たらな自分を叱咤して、昨日、友達を誘って【上海博物館】へ出かけて

きましたtrain


実は、昨年まで“国宝級のお宝”がたくさんあると知ってはいても、中国の

歴史にさっぱり興味のない私にとっては、心の動かなかった場所think

しかし、博物館を鑑賞してきた奥様たちが、褒め称えるのを聞くにつれて、

「上海にいる間に、一度は行ってみるか。」と気持ちが変わっていましたconfident


で、結論から申し上げますと『とっても楽しかった~notes!!』です。

はい、また行きたいですっscissors!!


期待をしていなかったので、時間配分なしで臨んでしまった為“美術館&

博物館の初心者あるある”にハマり、1Fじっくり→最後は駆け足パターンに

なってしまいましたcatface

68_2

中国の長い歴史を象徴するように、とにかく展示品の数も多いし、館内は広いし、

しかも冷房がよく効いていて、清潔でキレイ!(私「やればできるんじゃん。」を連発bleah)

入場料が無料ということもあり、海外からの観光客はもとより、中国全土から人が

訪れることもあり、“国家の威信をかけて管理されている博物館crown”という感じ。

70

紀元前の作品も保存状態よく残っていたり、歴史の教科書で見た絵画や

陶磁器もたくさん展示されていて、中国から日本へ伝わった芸術品の原点を

鑑賞する事ができます。


UPした写真は、隠し撮りではありませんよ。

館内は写真取り放題なのですcamera

(【上海博物館②】につづく・・・)

| | コメント (0)
|

2011年7月12日 (火)

上海虹橋国際珍珠城

5

<Photo:@「上海虹橋国際珍珠城」 Data:地下鉄1号線「龍渓路」駅下車>

物価の高い上海で、“お得感”を味わえる数少ない場所のひとつは、地元の

人も利用する『市場』。

すっかりリピーターになってしまった『布市場』をはじめ、洋服・骨董・靴・

アクセサリー・野菜etc・・・があります。


“市場”と名がつくだけあって、規模や店舗数が多い場所なので、探検する時は

半日がかりとなりますrun


今日は、日本のガイドブックにも載っている【上海虹橋国際珍珠城(別名:パール城)

へ出かけました。

3ヶ月程前から、マンションからシャトルバスが出るようになって、行って

みたかった場所。

カラースクールの先生に、お薦めのお店も聞いて準備万端でGOnote!!


以前、ブログにもUPした服飾市場「七浦路」のような、賑わいを想像して、

店内へ入ったのですが、すごく閑散としていてビックリgawk!!


2Fへ上がると、今度は私には決して、真偽を見分けられない量の真珠類や

アクセサリーがずらり。

Photo_2

お店ごとに特色があるわけでもなく、どこも似たような商品を売っているので、

買い物がしずらいbearing

結局片道1時間くらいかけて行ったのに、30分ほどの探検で引き揚げましたdown


後から、珍珠城近くに住んでいる、中国語の先生に聞いたところ、

「月曜と火曜日は比較的空いていることや、夏と冬休みの帰国ラッシュ前には

お土産を買い求める日本人で混みあうこと、地元の人でも真偽の品を見分ける

のは難しい・・・。」との話しでしたcoldsweats02


私には、期待ハズレの場所となってしまったので、リピーターになる事も、

お友達に推薦する事もないでしょう。

はい、お疲れちゃんwink!!


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月10日 (日)

ドリアン食べた!

Photo

国土の広い中国は、フルーツ天国でもありますhappy01

上海市内のスーパーの『野菜&フルーツ売場』には、ほぼ年中“果物の王様!

ドリアン”が売っています。


フルーツが大好きな私もheart01、以前とんねるずの『食わず嫌い』で、あるタレント

さんが、口にした途端吐き出してしまい、勝負にならなかった場面を見たり、

1個買いをする勇気がなかった事もあり、口にした事がありませんでした。


どこのスーパーでも、肉や野菜の生臭さを消してしまうくらい、強烈な匂いを放つ

ドリアンは、「もしかしたら、私が唯一食べられないフルーツなのかも・・・despair。」と、

寂しいような気持ちと、チャレンジしたい気持ちの間で揺れていた私に、

チャンスが訪れました! (そんな大袈裟なモノじゃないけどcoldsweats01)



8

↑コレっ!鶏の胸肉ではありませんよ~smile

ドリアンのパック売りを見つけたのです。この量で約400円。


10分の1以下の切り売り量でしたが、それでもパックを開封した途端、

またたく間に広がった“ドリアン臭”sweat02

初ドリアンの感想は、「“栗”の味がする、とってもクリーミーで(オヤジギャグでは

ありません・・・) 濃厚なフルーツ」の印象でした。

生のまま食べるより、ケーキなどのスイーツに加工した方が美味しそうですcake


「また食べたい!」と思うほどハマりませんでしたが、とにかく普通に食べられた

ことに満足good

また更なる、珍しいフルーツにチャレンジしてみたいです!


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2011年7月 7日 (木)

七夕です☆ミ

不夜城の上海は、今夜も星は見えず、薄い雲の隙間から、うっすらと

三日月が顔を出していますmoon3

今年は彦星さんと織姫さんは、無事に会えたのかしらんmist


マンションの1Fロビーに設置された笹には、子供達が書いた短冊でいっぱいに

なっていました。


「サッカー選手になれますように。」や「鉄棒が上手になりますように。」など、

小学生ならではの、素直な願い事が大半を占める中、


『公文の先生になれますように。』

(今や、公文は「学校の先生になれますように。」と同様のレベルで、メジャーになっているんだcatface!)

『モデルになれますように。バレエで主役ができますように。お金持ちになれますように。』

(この子の顔をちょっと見てみたいdelicious。)

『家族みんなが幸せでありますように。』

(「おおっ~。大人!」私が小学生の時には、家族の幸せなんて考えつかなかったなconfident。)

『新しいグローブがほしい。』

(笹ではなく、クリスマスツリーに飾ってねxmas。)


などの短冊もあって、楽しく拝見しました。


「ところで今、私が短冊に願い事を書くとしたら、何だろう?」と考えたところ、

やっぱり【家族と大好きな人達の健康と幸せ】を一番に願うだろうと思いました。

もちろん、これは本心で、年齢を重ねた証拠とも考えられますが、それでは、

若かりし頃のような“具体的な願い”は?・・・の答えが、なかなか浮かんでこない。


実はこの現状って、生きている上で“張り合いのない寂しいコト”なんじゃないかと、

ふと思ったのですthink

毎年同じ繰り返しのような生活だからこそ、“具体的な夢や目標”って大切なんじゃ

ないかと。

そういえば、同年代で具体的な夢を語り、行動している女性って、輝いている

もんなぁ~shine


あれっ?私にだって年始に立てた目標があったはず・・・。

ほとんど努力もしないまま、すっかり忘れている、なまけ者の私coldsweats01


反省しきりの、七夕の夜でしたsagittarius


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (2)
|

2011年7月 4日 (月)

上海女性誌事情

Photo

上海へ来て以来、なぜか時々ムショ~に読みたくなる日本の『女性雑誌』。

日本から取り寄せた文庫本はたくさんあるけれど、ファッションや料理や

雑貨やエッセイ等の情報を、バランスよく収集できる雑誌が恋しくなるbook


上海でも、1ヶ月遅れの輸入品を店頭に並べる本屋さんがあるけれど、日本

より、プラス500~600円増しの、「もう一冊買えるやん」価格dollar

おまけにビニールで覆われているために、内容のチェックができないgawk


日本では、新刊をかたっぱしからチェックして“今月一番のお気に入り雑誌heart02

を購入していたので、納得のいかない購入方法には及び腰。 (ただのケチ?)


そんな時に、私が手を出してしまうのが、ELLE・VOGUEなど有名ファッション誌

の【中国版】。

アラフォー世代向けの、日本の『Oggi』中国版もあり。

本家雑誌同様の掲載内容半分+中国制作モノ半分で、値段も平均20元

(約250円)と、安いので気軽に購入できるのですnote


・・・が、全ページチェックをし終えた後の、満足感の低いこと、低いことdown

もちろん、全ページ中国語のため、得られる知識がほとんどない事や(勉強せぇや!)

中国で制作されたファッションページが、私の趣味にはトント合わなくて、

ツッコミ放題paper


「20元でも、一回しか見ない雑誌なら、無駄遣いじゃないの?」と思いながらも、

次号に、はかない期待を抱いてしまう、懲りない私ですsmile


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (2)
|

2011年7月 3日 (日)

夏が来た!!

知らない間に、上海の梅雨は明けていて、気づけば7月。

「あっ、あじぃ・・・sadsweat01。」

と、「暑い」も正確に発音できない程、暑いと思ったら、昨日と今日は、

最高気温が38℃まで達して、40℃目前bearing

(ここは熱帯地方か!?)

空気を入れ替えようと、窓を開けてみれば、強烈な熱気と湿気が入り込むし、

夕方には突然の雨&雷。

過ごしにくくなりましたsweat02

そんな中、今日はカラースクールの先生から紹介のあった、国際カラーデザイン

協会主催【カラーデザイン検定3級】を受験してきましたpencil


「マークシートだし、1day講座に出席すれば、なんとか合格できると思う。」という

言葉を信じて、2週間で詰めこむだけ詰込んで、試験に臨みましたが、予想以上に

難しかったなぁthink

8月下旬に発表される合否は・・・「神のみぞ知るhappy01!」


今日は休日にもかかわらず、会場まで車で送り迎えをしてくれた、旦那さんに

感謝heart04


「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »