« 上海野生動物園➀ | トップページ | 40代の集合写真 »

2011年5月 9日 (月)

上海野生動物園②

8_medium_2

↑色とりどりのキレイな鳥もいましたchick

動物園を一回りした後、バスにのってサファリゾーンを見学bus

暑さのため、ほとんどの動物が日陰で寝そべっていました。

7_medium

動物園内で、子供のチンパンジーが自分のウ○チを、直接手にとって

ブランコの鎖に、なすりつけていたのを見た時には(恐らく縄張り行為?)

ビックリしましたがbearing、サファリゾーンではもっと衝撃的なシーンを目撃。


私達の前を走っていた“餌やり体験”のできる車から、近寄ってきたトラに

差し出されたのは、ナント、【生きたまま丸ごと一匹の鶏shockshock!!】

えぇ、今だって、トラの口からはみ出た、バタバタ動く鶏の脚を鮮明に

思い出す事ができてよ。(ほとんどトラウマcrying)

「棒の先に生肉をつけて、餌をあげるんじゃないのか!」と小さな悲鳴を

上げていたのは私だけで、乗り合わせた中国人は(旦那さんも)、子供から

大人まで、丸ごと一匹の鶏が血だらけになりながら、トラに食いちぎられて

いく様子を、感心しながら見ていました・・・とさsad


カルチャーショックも味わえる、サファリパーク【上海野生動物園】。

いかがでしょうか?

Medium

↑乱れた心を落ち着かせるには、この一枚catface

日本にいたハッチを思い出させる、カンガルーのあられもない姿。

彼を見つけた瞬間、膝からくずれ落ちそうになりましたhappy02

『羞恥心』が再結成された折には、是非ともジャケット写真に採用して

ほしいくらいです。

私達が立ち去るまで、微動だにせず、最後まで笑わせてくれましたhappy01


動物園に到着した時には、数台だった駐車場の車も、帰る頃の11時には

すでに満車。

親子連れを乗せた大型バスが次から次へと入ってきて、園内はあっと

言う間に、大混雑sweat02

【上海野生動物園】への訪問は、朝早めの時間をお薦めしますwatch


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 上海野生動物園➀ | トップページ | 40代の集合写真 »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海野生動物園➀ | トップページ | 40代の集合写真 »