« 上海野生動物園② | トップページ | Suzhou Cobblers »

2011年5月12日 (木)

40代の集合写真

40歳を過ぎて、“目に見える老化現象”は確実に増えた。

目尻やおでこの皺、ほうれい線、瞼のたるみetc・・・despair

顔だけでもすぐに挙げられるくらいだから、体まで書き出したら、

埒があかないsweat02


昨日の『中国茶教室』で、先々週に受講生全員で豫園へ行った時の、

集合写真を頂いたcamera

先生を含め、40~50代の女性、計9名が写っていた。


ものすご~く、久しぶりの集合写真。じっと眺めて見るeye


・・・何と言うか、20代の頃、友人達と旅行後に出来上がった写真を

ワクワクして見た感覚は、どこからも沸き上がってこないvirgoshine

ただ、写真で自分の存在を確認するだけの、60代後半の母親達の

婦人会写真となんら変わりなしgawk


大袈裟かもしれないけれど、写真から、若さあふれるプチプチした細胞が

溢れだしそうな被写体は、自然と見る側をも惹きつけるのではないかlovely

家族写真に赤ちゃんや子供が写っているだけで、華やかな印象になるし、

グラビアアイドル=若い女性である事を考えると、あながちズレた意見でも

ないかも。


写真に写る事に、異常な拒否反応を示す年輩の女性がいるけれど、

それも理解できるような年齢になったと言う事confident

これからは、写真を見るたびに、老化現象を確認する寂しい作業になる

けれど、年齢を重ねたからこその良さもあるflair


私は、思春期頃から、首の皺がコンプレックスで仕方がなくて、写真を

見る度にひどく落胆しては、鏡を見て、どうにもならない皺を伸ばしたり、

引っ張ったりを繰り返していた。 (当然、何の効果もなしdown)

今も、もちろん皺がなければ、少しは見栄えがマシになる事には変わりは

ないけれど、もう、そんな事は『ど~でも良くなったscissors!!』


これを【オバちゃんの無神経さpig】と呼ぶのかもしれないけれど、人の目を

気にしたり、「キレイになりたい!」と必死に願ったり、何かと人と比べたり、

という、若さ故の悩みからの解放感は、年齢を重ねた者の特権かなgood

(特に、私は美しいモノへの憧れが、人一倍強かったように思う。)


“諦めること”と“ありのままでいる”という事は、紙一重かもしれないけれど、

【心が図太くなる】って、人生を生きやすくするコツで、結構いいコトだと

思うnotes


集合写真を見て、ワクワクできない寂しさはあるけれどcoldsweats01

「やっぱり健康第一よね~。」とか「十年後にこの写真を見たら“この頃は

若かったなぁ~”と思うよね。」と“心の図太さ”を十分に発揮してhappy01

旦那さんを呆れさせる、自虐ネタ豊富な私がいます。


「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 上海野生動物園② | トップページ | Suzhou Cobblers »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海野生動物園② | トップページ | Suzhou Cobblers »