« ケンタッキー | トップページ | キャンドルホルダー »

2011年4月21日 (木)

クリーニング宅配の憂鬱

上海は“美容院”だけでなく、“クリーニング業界”も日系企業が多く参入

しているので、利用者としては大変便利な環境にありますgood

一番近くのお店は、スーパー内にある取次ぎ店で、割引などの特典もないので、

宅配サービスのある大手クリーニング店、W社の会員になりましたconfident


衣替えの時期を経て、現在までに5回頼みましたが、スムーズに事が運ぶのは、

注文時TELの日本人スタッフの対応までtelephone

以降は、中国人に任せられるためか、トラブルつづき・・・・crying

・価格表には関係なく、独自の計算方法で算出。

・広告に乗っていた、割引率を無視。

・朝の7時に訪問してきたかと思えば、「11時までに」の約束は守られず、

 午後からの訪問に変更。

・スケジュールを空けて午前中自宅で待機していたら、持ってきた品が別物で、

 「また明日来ます!」と反省の色もなく言われた事。


車の運転が可能であれば、もう、うんざりのトラブルを避けて、毛布でも

冬物袋3つ分でも、自分で直接持ち込むんですけどねぇ・・・rvcar

中国語は、自分の身を守るためと、自己主張をするために、現地では

必要不可欠なのだと、毎回思いますthink


「ここは中国だから仕方ない。」と諦めていた部分もありましたが、5回目には

さすがに“プチン”と切れて、W社の日本人担当者にクレームをつけましたangry

中国人に日本流のサービスを指導するのは、本当に難しくて、泣きたいのは

彼のほうだろうけど・・・、私も“NO MORE ゙宅配ストレス!”なんですimpact


あ~ぁ、情報を集めて、他のお店を探そうかな。

中国で、クリーニング店の選択肢がある環境に、感謝しなくちゃネwink

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« ケンタッキー | トップページ | キャンドルホルダー »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケンタッキー | トップページ | キャンドルホルダー »