« 「てっぱん」 | トップページ | 【清明節】朱家角 »

2011年4月 5日 (火)

【清明節】いちご狩り

6_small <Photo:@可可合作農場(CoCo Farm)>

中国は4月3日(日)~5日(火)までの3日間、『清明節』という祝日でした。

日本の『お盆』のような、先祖のお墓参りをするためのお休みです。

忙しい旦那さんも、珍しく4日(月)はお休みが取れたので、上海市郊外へ

【いちご狩り】にでかけましたrvcar


お墓参りへ出かける車の渋滞を予想して、朝7時半に出発clock

上海市青浦区の“草苺(イチゴ)基地”という、ナビで検索もできない、ビニール

ハウスいっぱいの畑の中で、道に迷いながら、なんとかたどり着きました。


午前9時というのに、現地の家族連れがどんどん入ってきて、「食べごろの

いちごを確保できるのだろうか?」と、心配にもなりましたがdespair・・・

4_small

そこは、広大な土地を誇る中国!

一個あたりのビニールハウスの大きさがハンパないっsweat01

それが、農場内に10ヶ所以上もあって、下種の勘繰りは無用でしたcoldsweats01


日本でも馴染みのある3種類のいちごを、次から次へと頬張って、

目標50個には届かなかったけれど、40個くらいは食べたかなscissors

【有機いちご】って謳い文句を“心から信じて”食べたので(!?)、農薬の

味もしなかったし、お腹も痛くなりませんでした。

自宅用に、50元分のいちごを摘んで帰って、冷やして食べたら一掃

美味しかったですdelicious

(旦那さんは「もういらない。」と言ったので、一人でバクバク食べましたnote。)

ただ、全体的に日本のいちごよりは、小粒で甘みが薄めdown

こうして比較してみると、今更ながら、日本のいちご農家さんの努力に、

感服してしまいますcrown


上海のスーパーで美味しい有機のいちごを買うと、12個くらいで25元

する事を考えると、お得かな。

入場料は20元/人だったけれど、Short trip気分も味わえるし、来年も

上海在住なら、また行きたいな~と思いましたhappy01


この後、11時から旦那さんの提案で、水郷の街【朱家角】を訪れました。

明日につづく。

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 「てっぱん」 | トップページ | 【清明節】朱家角 »

上海LIFE日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。