« 春を歌う鶯 | トップページ | 節約生活!? »

2010年4月19日 (月)

映画『のだめカンタービレ♪』

昨夜、4月17日(土)公開の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を観てきました。happy01

そのため、今日は一日中、ガーシュインの“ラプソディ・イン・ブルー”が頭の中でグルグルして

います。typhoon


私は、TVドラマで高視聴率を取り、話題になっていた頃は一度も見ていなくて、

再(再?)放送で、ハマったクチでした。coldsweats01

映画は、原作コミックのように、ハチャメチャなシーンもありますが、それぞれに欠点を

持ちながらも、志高く、夢に向かって努力し続ける登場人物たちが、私にとっては

一番の魅力!good

 
また、連ドラのスタートから今回の最終楽章までの、のだめちゃんと千秋先輩の

距離感も見どころです。sagittarius

部屋のそうじも家事も満足にできない、ダメダメな女の子だけど、大好きな千秋先輩

に見合う自分になるために、彼女がとっていた行動は、お金をかけて女磨きをする

でもなく、女をアピールして誘うでもなく、自分自身はそのままに、世界をまたにかけ

指揮者として活躍していく彼(千秋)と共演できるような、ピアニストになるために、

ひたすら努力と練習を重ねる。dash

時間を重ねるうちに、お互いを尊敬しあい、また、お互いの一番のファンである、

二人の関係性や生き方がとっても素敵shine!憧れるわ~。heart04


(余談:特にハマリ役と言われている主役の二人ですが、それにしても・・・

千秋役の玉木さんは非常にカッコよく撮れているlovely!いや、実際にカッコいい。

指揮者役として見栄えのするスラリとした手足に小さな顔。そして美しく細い指。

また、白シャツに黒のパンツというシンプルな服装をサラっと上品に着こなす。

ドラマ『鹿男あをによし』を見てた時には、何とも思わなかったけれど、

のだめを見て玉木さんの大ファンになったという友人の気持ちが今なら分かる。

そして、「あの人の声がどうも・・・think。」という別の友人がこの映画を見たら、

心を動かされるだろうという予感もある。confident


私は幼少の頃からピアノを習わせてもらって、(勢いで?)音大まで通わせて

もらったけれど、ろくに練習もしないで、バイトや趣味に明け暮れた四年間でした。down

この映画を観て、時代を超えてなお感動を与えてくれる、偉大な作曲家達を奥深く

勉強できる時間を無駄にして、上っ面だけかすめて卒業した“なんちゃって音大生”

だった自分を恥ずかしく思いました。crying


『のだめカンタービレ』は最終章で終わってしまうけれど、この愛しい作品との

出会いは、私に改めてクラシック音楽の魅力を気づかせ、眠っていた実家のピアノ

を弾きはじめるきっかけを作ってくれました。note


まだ、映画酔い(※作品とその世界にどっぷり浸かってしまうことの意?)から醒めていない

ような状態ですが、鑑賞後は幸せな気持ちに満たされて家路へと着きました。happy01

 
「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 春を歌う鶯 | トップページ | 節約生活!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もすでに前売り券を買ってます~
GWに見てくるね♪
楽しみです *^^*

投稿: maki | 2010年4月20日 (火) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春を歌う鶯 | トップページ | 節約生活!? »