« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月15日 (火)

サトウのおにぎり

非常食用に買っておいた『サトウのごはん』の賞味期限がきたので、

1/2パックを朝食用に、残りをおにぎりにしてみた。riceball

 
ランチタイム。restaurant

いつものように冷めたおにぎりをレンジで温めてみたところ

「うんっ!?美味しい!!flair

前日に炊いたご飯で作るおにぎりとは違って、モチモチで甘みがある。

やるねぇ~!サトウのごはん。good

 
自宅に帰って、パッケージの表示をまじまじと見てみたけど、添加物や

保存料が入っているわけでもない。

なんで?新潟県産コシヒカリだから??pouchshine

 
謎だらけだけど、とにかく美味しかったです。

機会があれば『サトウのおにぎり』、試してみて下さい。happy01

 
「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2009年12月14日 (月)

JIN-仁-

放送5分前にはTVの前でスタンバイしていたドラマが、いよいよ次週

最終回!tv

TBS日曜劇場:午後9時から放送の『JIN-仁ー』です。

私にとっては、始まる前は“ワクワクhappy01”で、終わりは“休日の終わりdespair”をも告げる

【サザエさん】的な番組でもありました。

 
第2・3話では<泣きweep>のシーンが長く、「この先もこんな調子なのか?」と

残念に思ったこともありましたがdown、回を追うごとにテンポよくストーリーが展開

され、期待度もUPしていきました。up

何より、役者さん達が素晴らしい!!shine

数年ぶりにドラマでお見かけした仁役の「大沢たかおさん」はじめ、咲役の

「綾瀬はるかさん」(着物姿がよく似合っています。髪を結ったおでこもカワイイ。heart

花魁・野風役の「中谷美紀さん」、坂本龍馬役の「内野聖陽さん」(よっ、芸達者!)

がハマリ役でドラマをよりいっそう魅力的にしています。good

第7話の緒方洪庵役の武田鉄矢さんが仁に医者として江戸の未来を託すシーンや、

第9話で野風さんが仁を想って「雪になりたい。」とつぶやいたシーンは胸にジーン

ときました。(感涙crying

 
番組のホームページも丁寧な作りで、特に『現場レポート』は読み応えがありますよ。

原作の漫画はまだ連載中ということで、最終回をどのようにストーリーにするのか?

とっても楽しみだけど、寂しいような・・・複雑な心境です。wink

 
「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2009年12月11日 (金)

見た!?

昨日の15時頃。

栄周辺で買い物中に、『我が家』の『坪倉くん』に遭遇!!happy02

百貨店のエスカレーターを上がったところで、一人で歩いていた坪倉くんと

一瞬目があって気がついた。flair


【(念のため)説明しようkaraoke

お笑好きの人ならお分かりかと思いますが、「我が家」という3人組の

イケメン・下ネタ担当の坪倉くんというお笑い芸人さんのコトです。

 
そもそも私は、世間一般に“有名人”といわれる人を見かけた事が数える

ほどしかない。

また、その方は「100人中50人くらいは知ってるかな?」レベルであることが多い。

(失礼してます。coldsweats01

 
「今、我が家とロッチは名古屋でレギュラー番組をもっているから、収録の空き

時間なのかな?」などと推測をしながら、進行方向が一緒だったので、後方から

何気に観察をしてみることにした。

(私は、本物のスターshineであっても握手やサインを求めたりするタイプ(できない?)

ではないので、テンションが上がっても、遠巻き観察派なのです。eye

 
自動ドア付近では、一度立ち止まって脇により、5・6人で入ってきた女性達を

先に通してから出ていったりと、なかなかの紳士ぶりで高感度UPup(か)。

また、横断歩道では人目を気にして、うつむき加減に端のほうで信号待ちを

していた。

気取って、帽子やサングラスをしていなかったあたりもよかった。good

5分ほどで、私は地下街に入ったので、観察はここで終了。bell

 
今日、職場の友人達に“聞いて・聞いてモードnote”全開で話をしたところ、まず

3人のうち誰が坪倉くんなのかの解説が必要となり、反応も微妙・・・。gawk

「よく似た人じゃなくって?」という不意打ちの質問に、「2回も顔を見たし・・・」

と答えてみたけれど、徐々に自信が揺らいできた。

 
だって、後方を歩いていた5分間、高校生~大学生くらいの女子にたくさん

すれ違ったけれど、私以外、誰も気づかなかったし、騒ぎにもならなかった。despair


貴重なエピソードを意気揚々とブログに投稿しようと思っていたけれど、

一応この【気まぐれ日記】にはこう記しておきます。pen

『昨日、我が家の坪倉くんを見た!!・・・と思う。』

 
「今日も一日ありがとう。」

 

| | コメント (0)
|

2009年12月 3日 (木)

夜のドライブ珍事

昨夜、名古屋駅まで迎えの車を走らせていた、PM10:15分頃。

交差点で止まった、斜め前の軽自動車を見てsignaler

『ギョっwobbly!としてジイっー。eye

後ろのワイパーのところに、ブラジャー&パンティーが・・・。

それも、お洒落なアクセサリー的なものではなく、生活感の漂う

ブラ:ベージュ  パンティー:くすんだブルー

が上下に並んでかけてある。coldsweats01

 
運転席には若めの男性シルエット。

盗難品?ギャグ?どっきりカメラ?乾燥させてるの?とりこみ忘れ?sign02

真相は謎のまま、軽自動車は右折をし、視界から消えていった。dash

 
さて、あの後、何人のドライバーを「ギョっwobbly!!」とさせたのだろうか?



「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2009年12月 2日 (水)

ひとり想う

本日9日目。旦那さんが出張先の中国から戻ります。

『うれし~い!happy01shine

 
リーマンショックの少し前から、全社的に海外出張を見送っていたそうで、

久しぶりのコト。airplane

また、ほぼ毎日飛行機で中国国内を移動するというスケジュールは、

仕事とはいえ、飛行機大嫌いの彼にとっては苦痛・・・。think

そのためか、出張準備をしていた11月末の3連休は、私もふくめ

微妙な緊張感が漂っていました。sign04

 
母と二人で出かけたり、ブログもマメに更新したり、映画もたくさん観れた

けれど、やっぱり毎日顔を見られる安心感は、何にも代えがたい。confident

 
海外で、そして移動手段が飛行機ということで、いつも以上に『安全・無事』を

祈る気持ちが強かったけれど、当然ながら、国内での会社通勤にだって、

移動手段が徒歩であっても、危険は伴う。

極論、自宅にいても天変地異で、寿命が尽きることだってある。

 
久しぶりの旦那さんの出張で【平凡に思える日々の生活は、奇跡の有難い

積み重ねなのだ】と、また思い出させてもらえた事に感謝。notes

これで、今後一切の“口論会”もなくなればいいのだけどねえ。

そうはいかないのが、人間だからなのか?私が未熟だからなのか?coldsweats01

 
それでは、これから旦那さんを駅までお迎えにいってきま~す。car

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

2009年12月 1日 (火)

「ニュームーン:トワイライト・サーガ」

「DVD鑑賞でいいや。」と思っていた映画『トワイライト~初恋~』の続編

『ニュームーンmoon3』。

しかし、映画館で予告編を見たとたん、猛烈に続きが気になって、映画の日

1,000円をねらって、自宅からネット予約をしてしまった。mobilephone

“人間とヴァンパイアの禁断の恋”。ティーンエイジャーのありがちな恋物語で、

ストーリー展開もある程度予測できるのに、どうしてアラフォー世代の私まで

気になるのか?think

主演俳優のロバート・パティンソン君も特に私の好みではないのにねぇ。

 
復習もかねて一昨日『トワイライト』を観てみた。eye

“愛する人を守りぬく”というヒーロー像に、奥底に眠っている乙女心が反応した

のかもしれない。catface

でも決定的だったのは、私にとって“無駄”だと思われるシーンがほどんど

なかった事だった。

「え~、次はどうなっていくの!?happy02」という心の声に応えるように、スピード感を

もってシーンが展開する。

モタモタしないし、外さない。good

このリズムにのせられて夢中になっていく・・・という巧みな仕掛け(?)であります。

 
そして本日、期待半分にして臨んだ2作目は・・・

スピード感はおちるものの、まずまず見応えあり!wink

しかし、感情移入が得意な私としては、なんとも切なかったなぁ・・・。despair

 
そしてまた、思わせぶりなラストだと思いきや、エンドロール最後に

【第3弾!2010年公開】の文字。movie

やっぱりね~。原作が続く限り、映画制作もするのでしょうか?

『ハリー・ポッター』に続け!とばかりの勢いなのでしょうが、どうか徐々に

駄作になることがないよう、健闘をいのる!!

(終始、“上から目線”の記述・・・失礼しました。coldsweats01

「今日も一日ありがとう。」

| | コメント (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »