« 人のふりみて… | トップページ | 早春の京都 »

2009年2月26日 (木)

おくりびと

米アカデミー賞・外国語映画賞を獲得した『おくりびと』を遅ればせながら観てきました。crown

実家近くのシネコンでロングラン上映されているのに気づいて、用事をすませついでにと、

受賞日前日にネットでチケット購入しておいたのはLuckyでした。scissors

上映15分前に入った劇場の入口には【当日券は完売。明日以降の予約も

殺到していてチケットがとりにくい状況にあります】の貼り紙が。happy02

連日のTV報道の威力はスゴイ!

今年はシケたニュースばかりで、日本人として映画を見て一緒にお祝いしたい気持ち・・・

「あると思います。」happy01

   
私の映画の感想は「分かりやすくて、洗練された作品でした。」です。

台詞は多くなく、底のほうに静かに流れている作品のテーマ(もしくは監督の伝えたい想い)を、

観ている側がそれぞれに感じられる、ゆとりがありました。notes

【納棺士】という職業を知ることができたのも勉強になりましたし、場内いっぱいのお客さんと

一緒に笑って泣いて、『心もスッキリ!shine』のオマケつきでした。

 
「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 人のふりみて… | トップページ | 早春の京都 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人のふりみて… | トップページ | 早春の京都 »