« 秋の香嵐渓 | トップページ | タワーライツ2008 »

2008年11月24日 (月)

ジミー画伯

200811242219000

名古屋で開催されていた【ジミー大西 夢のかけら展】を鑑賞して

きました。art

まずは一言。

『ジミーちゃんって、スゴイよ!!』

強烈なインパクトを受ける作風や、独特な色づかい、並外れた構図力、

緻密で忍耐を要する技法の数々に感嘆するばかりでした。happy02heart04

 
失礼ながら、TVでお笑いタレントとして活躍していた時の、頭ボリボリ&

挙動不審系のcoldsweats01、視聴者が歯がゆさをかんじるようなキャラとはほど遠い、

ジミー画伯の渾身の作品展です。good

 
初期の作品から順に、近年のものまで並べられていましたが、海外に

勉強のため滞在した後の作品は、技術も表現方法もより豊かになって

いるのが、見てとれました。eye

きっと、ジミーちゃんの純粋で素直な心がshine、感性を研ぎ澄ます良い結果を

生み出しているのだろうと推測しました。confident

会場には親子づれの姿も多く見られ、動物をモチーフにした作品を、食い入る

ように鑑賞している子もいれば、「何がかいてあるか、わかんな~い。」と、

つまらなそうに親の後ろを歩く子もいて、子供たちの十人十色の反応も

見ていておもしろかったです。gemini

 
近年の作品の中には、子供たちと一緒に制作した作品も、いくつか展示

されていました。

天然ガスタンカーに描かれた作品は印象深く、生き生きとした、世界にひとつ

しかない絵は、参加した子供たちの一生の思い出になることでしょう。ship

 
画家というと、とっつきにくいイメージがあるのですが、芸人の経験や

ジミーちゃんのキャラクターが活かされて、子供たちと共に楽しみながら

創作の喜びを伝えているように感じました。happy01

 
今後の作品にも期待したいと思います!

「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 秋の香嵐渓 | トップページ | タワーライツ2008 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の香嵐渓 | トップページ | タワーライツ2008 »