« 鵜飼い見物 | トップページ | 醤油ソフト »

2008年8月23日 (土)

この木なんの木?

Photo

近所のガレージ上で育てられている、気になる植物があった。clover

根元に集中している大きなギザギザな葉から、サボテンの一種だろうと

勝手に思っていた。

ここ半年の間にグングンと花柱が成長し、とうとう電線を追い越して、高さは

4m近くにも。eye

「一体どこまで伸びるのだろう?」と思っていたところ、突然黄色の花を咲かせた。

・・・とその2日後に、新聞の小さな記事に謎の植物が載っていた。

植物の名前は、【リュウゼツラン(竜舌蘭)】。

なんでも、同じ市内に住む方の庭先で、50年前に植えたリュウゼツランがようやく

開花したとのことで、ランを見上げるご家族の写真とともに掲載されていた。

中南米原産のもので、通説では開花には一般的に20~50年ほどかかるそうだ。

 
近所のリュウゼツランもお家の方が丹精こめて育てられたものだろう。

貴重な花を見せていただける事に感謝。confident

駅までの道のりに楽しみが増えた’08年の夏。yacht

   
次回の開花が20~50年後なら、私は何をしているだろうか?

太陽に輝く黄金の花との再会を、心から喜べる健やかな私でいたい。

   
「今日も一日ありがとう。」

|
|

« 鵜飼い見物 | トップページ | 醤油ソフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鵜飼い見物 | トップページ | 醤油ソフト »