« 選挙にいってきました | トップページ | 南フランス旅行記④-2 »

2007年8月 2日 (木)

南フランス旅行記④-1

64 <Photo:Pont du Gard>

【6月4日(月):アビニヨン→ポンデュガール→レボード・プロバンス→アルル】

  
パリともコート・ダジュールとも違った美しい街並みと雰囲気で魅了して

くれるプロバンス地方2日目。

・・・で、最終日(T_T)。

帰国後も目を閉じればプロバンスの匂いを感じられるくらい、五感をフル

活動させて吸収していきたいと思った。
  

最初に訪れたのは、世界遺産にも認定されている『ポン・デュ・ガール』。

実物はテレビやガイドブックで見るよりも、はるかに重厚で威厳があった。
   

2000年以上も前に造られた水道橋に、今も人が渡れる状態で残っている

ことや、導水路の設計技術もさることながら、橋の形(デザイン)が美しい!

遠くからみると「曲線」と「直線」の美しさ。

近くからみると、長方形の大きな石が幾重にも積み重ねられた、「直線のみ」

の美しさ。

橋の周りは緑にあふれ、ガルドン川が優雅に流れている。

紀元前のローマ人の“美意識”が、現代に通じてしまうところがまた素晴らしい!

と、ただ、ただ感嘆するばかりの私でした(^o^)丿。
   

(※たくさん吸収した6月4日の旅行記は④-2に続きます(^^)v。)

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

  

  

|
|

« 選挙にいってきました | トップページ | 南フランス旅行記④-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/7389040

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス旅行記④-1:

« 選挙にいってきました | トップページ | 南フランス旅行記④-2 »