« 南フランス旅行記② | トップページ | 選挙にいってきました »

2007年7月28日 (土)

南フランス旅行記③

63 <Photo:Gordes>
    

【6月3日(日):ニース→エクサン・プロバンス→ペルトゥイ→ゴルド→アビニヨン】

初めてのプロバンス地方にワクワク(^o^)丿。

15年ほど前に、ベストセラーだったピーター・メイル氏の「南仏プロヴァンス

の12ヵ月」は読んだけれど、まさか本当に訪れることができるなんて!
   

当時はどこの旅行会社もこぞってプロバンス地方への旅行を取扱っていた

ものでしたが(ちょっとお値段が高めだったので、パンフレットだけ見つめて

いました^_^;)、今では世界遺産のモンサン・ミッシェルにとって代わられています。
   

しか~し、数少なくなったプロバンスへのツアーを探してよかった(^^)v。
  

昼食を頂いたペルトゥイのワイナリーでは、花の咲き乱れる庭園の横で

ブドウ畑を眺め、心地よい風にふかれながらの屋外ランチタイム(^v^)。

試飲用の赤・白・ロゼワインをたっぷり頂き、これまた気分上々で心のこもった

美味しい手作りの食事を頂きました(#^.^#)。

もちろん八日間の食事の中で、一番心に残ったことは言うまでもありません。

   
そして、写真撮影のために10分だけ停車したゴルドの街。
  

何がこんなにも私の心を惹きつけるのか、Ezeと同じように丘の上にたたずむ

ハチミツ色と比喩される優しい石造りの家々とお城。

あまりにも幻想的な風景に、一枚の絵画の前に立っているかのような錯覚さえ

覚えました。

「ゴルドの街も散策したいよ~(>_<)!!」

という心の絶叫もツアー旅行では認められるはずもなく、後ろ髪を猛烈にひかれ

ながら、バスに戻りました(T_T)。

『本当にフランスの魅力は底知れない!!』

6月4日の旅行記につづく!

  
「今日も一日ありがとう。」
  

|
|

« 南フランス旅行記② | トップページ | 選挙にいってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

限られた時間の中でやりくりして、少しでもいいところをツアー客のみなさんに、見てもらいたいと思うのが、たぶんほとんどの添乗員さん。
自分のすごくいいっ!て思うところは、予定になくても、ちょっと余裕がありそうなら、運転手さんに無理言って、
「お写真だけですけど」
って停まってあげたりするけれど、
停まると散策もしたくなるのが人情~。
それをココロを鬼にして、バスへ追い立てる・・・。

それでも秒刻みに動く国内添乗にくらべれば、
自分の思うとおりに時間をやりくりできて、
楽しい旅を演出できるのが海外添乗。
南フランスは、そんな仕事でしか行ってないけど、
楽しかったな。プライベートで行きたい♪♪
「南仏プロヴァンスの12ヶ月」もちろん、私も、
その頃読みました♪

投稿: meat-pie | 2007年7月30日 (月) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/7271428

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス旅行記③:

« 南フランス旅行記② | トップページ | 選挙にいってきました »