« 2007年2月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年3月18日 (日)

キノメドキのヒト

Photo_4 <Photo:Matterhorn in Switzerland>

 
木の芽時(春、木に芽がはえ出す時期)と同じような気候が続いた2週間前、やっぱり

お見かけしました! 『キノメドキのヒト』

私の命名した『キノメドキのヒト』とは、春のうららかな陽気に見かけられる、超個性的な

ヒトのこと。時には、危険なオーラを漂わせる人物もいるのですが、暖かくなった途端、

立て続けに3人も出現したのです。  
  
      

 ●No.1

出勤途中のこと。

会社へと向かう私の前を、のんびりと歩いていた男性を追い抜かしざまに

「おつかれさまです。」と声をかけられた。

社内の人だったのかと、足を止めて挨拶を返そうとしたが・・・

「おはようござ・・・・・・んっ??」(あなた、誰??\(◎o◎)/)

お勤めをしているようには見えない、ニンマリ笑顔の男性の前を、微妙な空気を残して

足早に立ち去った。

もしかしたら、私のようにセカセカと歩いている人たちに、癒しの声をかけてくれている

のだろうか?

あなたも「お疲れさまです。(^v^)」

    

 No.2

信号待ちの車の中から、異常なほどゆっくりと自転車をこいでいる男性を発見。

よく観察をしてみると、人通りの多い歩道にもかかわらず、おじさんは目の前を歩く

女性を目を追いながら、なんと片手はジャージ上の股間に・・・。

「おっさん、何やっとんじゃー!!<`~´>」

  
危険系キノメドキおじさんは私の鋭い視線に気づいてか、慌てて手をハンドルに戻した。

女の魅惑の目力(メジカラ)が勝った!!・・・のではなく、

『おばさんの威圧の眼力(ガンリキ)』が勝ったのだ。(^^)v

   

 No.3

仕事帰りに地下鉄構内で、電車待ちをしていると、同じ列に細身の背の高い男性が並

んだ。

黒のジーンズにベスト、そしてヒョウ柄の帽子にサングラス。

パッと見はお洒落な中年ミュージシャン風。

街中でジュリー(例えがふるっ!!)を見かけたらこんな感じかなぁ、という印象。

・・・だと思った。一瞬は。

でも何かがおかしい。(ーー;)

  
車内で、なにげなくチェックを入れてみると、やっぱりキノメドキのヒトだ!

なぜなら、左手に大きさの違う手さげ袋を3つ、そして右手には中くらいの手さげカバン

を2つ、本人の体には大きめのカバンを2つ、斜めがけにしている。

計7つのカバン。

ひとつひとつのカバンが小ぎれいなので、パッと見はまとまってみえてしまったのだか、

「カバン7つって、一体何が入っているんだぁぁー!!」

  
で、第三者から私の行動をみたら、横目で必死に他人のカバンを「いち、に、さん・・・」

と数えている私も、『キノメドキのヒト???^_^;』

    
  
ここのところ寒さが戻ってきて、お見掛けすることがないけれど、人に迷惑をかけたり、

危害を加えたりしない、ポリシーある個性は時には刺激的でいいと思います。

最近話題の「ヨコハマメリーさん」私も一度、拝見したかったような気がします。

(キノメドキのヒトと一緒にするな!って?)(^^♪

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年3月16日 (金)

White day

Img_0012  <Photo:Eze in France>

 
先月14日に勤務先の女性と2人で用意した“ほんの気持ち”のバレンタインチョコの

お返しを頂いた。

バブル期に数年間、同じ部署の上司から頂いたことはあったが、とにかく昔のことだ。

袋の大きさにも驚いたし、なんだか照れくさかった。(#^.^#)

 
実は、義理チョコを配る時に

「徐々にお菓子への興味も薄れつつある大人の女性としては(=年齢を重ね、胃がも

たれるようになってきた女性2人)、25人分の男性陣のお返しをもらっても、お腹につ

く下脂肪の方がよっぽど怖いから、事前に断っておこうか。」

という話も出たのだが、お返しを考えてくれるかどうかも分からない状況なのに図々し

い。との結論で、何もふれずにおいた。

    

社内の男性代表で購入してくれた男の子は、事前に人気商品情報を収集してくれたそ

うで(周りの人がヒクぐらい楽しそうだったらしい^_^;)、誇らしそうに購入店のうんちくを

語ってくれた。
      

開封してみると、やはり食べきれない量のクッキーが入っていたので、男性陣におすそ

わけ(?)として配った。

結果的に、チープな義理チョコの帳尻あわせもできたし、コミュニケーション不足を補う

こともできて『たまには、こんな機会があってもいいなぁ』とあったかい気持ちになった。

来年はもう少し単価をUpした義理チョコにしようかなぁ。(^o^)丿

  

実家の父からは、ご丁寧に「別の機会にお返しをするから。」という電話があった。

きっと私たち夫婦で、焼肉をごちそうになれるに違いない・・・。(ニンマリ(^^)v)

   

そして旦那さまにも、ちゃ~んとお返しを請求(?)・・・いや、頂戴しました。(^^♪

ステキな素敵なブレスレットです!!(^v^)
   

以前から気になっていた商品をお店で実際に見てみたら、イメージとはほど遠く、かな

りショボめでがっかり・・・(T_T)。諦めて帰ろうとしたら、お返しには高すぎる商品を

「プレゼントしてあげる。」と言ってくれた旦那さま。

記念日や行事にはこだわりをみせないけれど、ここぞ!という時には必ずポーンとプレ

ゼントをしてくれる気前のよさ。

『尊敬してます!』

そして、後から恩着せがましいことも決して言わないところもね。

・・・あらら、こんなところでノロけちゃった?(#^.^#)

  
3倍返しならぬ、13倍返しになっちゃったけど、一生大切に使うからね。

ありがとう。(^^♪

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年3月11日 (日)

My flower bed

Dsc00447 <Photo:My flower bed>

 
昨年の春、マンションの1Fに住んでいる特典をいかして、庭に小さな小さな花壇を

作った。
       

暖かくなってきたので、殺風景だった花壇に春を迎える準備として、デイジービオラ

マーガレットを仲間入りさせた。

時折生あたたかい風の吹く中、手に触れた土はとてもヒンヤリしていた。

花壇は新入りの3種と、年をこしたラベンダーチューリップで満席状態。

些細なことだけれど、小さな庭の、ちいさな花壇が色とりどりの花でいっぱいになった

ことが嬉しくて、家の中から何度も眺めてしまった。(^^♪

   

散歩コースの途中に園芸センターと間違えてしまうようなお宅があるのだが、先日、

幸せそうな笑顔で、ガレージい~っぱいの春の花たちに囲まれながら手入れをしていた

ご主人を見かけた。

「花が大好きで仕方がない」という想いが、通りがかりの私にも伝わってきた。(^v^)

  

『花は見返りを求めない、献身的な優しさをもっている』という話を聞いたことがある。

過去に雑な扱いで、植物をダメにしてしまったことのある私としては、自宅園芸センター

(勝手に命名(#^.^#))のご主人のように、愛情あふれる眼差しで、小さな花壇の花達を

育てていきたいと思っている。

  
数週間後にはチューリップが花を咲かせるよ。

楽しみだな~。(^o^)丿

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年3月 2日 (金)

今冬お薦めBeauty商品3

Toyama2 <Photo:Toyama in Japan>

 

とうとう街に積もる雪を一度も見ることなく、日当たりのよい場所に植えられた桜の花が

数輪開花しているのを見ました。

早咲きの桜なのかな?

それにしても、この異常な暖かさを不安に思っているのは私だけではないと思います。

花の香りが風に漂う季節は、心がウキウキしますが、今自分にできる温暖化対策を

意識して生活しなければと思っています。

   

さて、今日は自己満足な【私だけのBeautyヒット商品】の最終回です。

【その3】 ~足の裏から心に届いた!?かかとを美しくしたクリーム~

       「なめらかかと」:小林製薬

 
読んで字のごとく、かかとをなめらかにする、かかと専用のクリームなのですが、

スティック状になっていて、手を汚さずに使えるタイプのものです(^^♪。

35歳をすぎて、冬になるとかかとが白く硬くなりだして、このままガザガザになっていく

道をたどるしかないのかと、諦めかけたところに、希望の光が・・・。(^v^)

 
お風呂上りにクルクルっとぬっていたら、次第にかかとが柔らかくなり、白く乾燥してい

た部分が肌色に戻り、症状が緩和しました。
   

近頃じゃ肌も図太くなって、ちょっとした安物のクリームでは効果を表さなくなってきた

けど、

『かかとにはまだ効いたのよ!(^^)v』『まだ効果の現れる部分があった!』

という、切なさのまじる喜びから生まれた、お薦め商品です。

同じ悩みを抱える方、次回薬局へ立ち寄られた際、チラ見で(なんで?)チェックして下

さい。

   

今週3回にわたってお薦めした商品は(※いずれも関係者ではありません。(^o^))、

ジャンルは違うけれど、【寒い冬に心を満たしてくれた】という美しい共通点を持った、

今冬の思い出の品です。

私の日々の生活に小さな幸せをもたらしてくれたヒット商品には、春本番となるまで、

もう少しお世話になるつもりです(#^.^#)。

    

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年7月 »