« そうじ力 | トップページ | 今冬お薦めBeauty商品1 »

2007年2月18日 (日)

St. Valentine's day

Img_0015

<Photo:Prince Edward Island in Canada>

    

2月14日のバレンタインデーが終わり、店頭をにぎわせていたチョコレートの山は撤去

され、1ヵ月後のホワイトデーへ向けてのディスプレイに変わっていました。
       

毎年のことではありますが、バレンタインの余韻を少しも残すことなく、同じ場所にあっさ

りとクッキーやマシュマロがわんさと積まれている光景に【商売の姿】をみる思いがしま

す。

「期待をしていたのに1個もチョコをもらえなかった男の子」や「本命の彼に思いきって告

白した女の子」の気持ちをくみとったお店があってもいいんじゃないかと、得意なバーチ

ャルの世界で店長となり楽しくディスプレイを考えたりしました。(^^♪

(あれっ?妄想族のわたし、危険?)

    
 
私のバレンタインの思い出で一番印象に残っているのは、中学3年生の時のこと。

すでに年月が経ちすぎていて、セピア色の映像になりつつありますが、初めて手作りを

して、手渡すまでの過程が大変だったのでよく覚えています。

 
今は「絶対に買ったチョコレートのほうが美味しい!」と断言できるのですが、あの頃は

純粋で「好きな人にあげるのは、心のこもった手作り!」と信じて疑っていませんでした。

研究をかさねて作られた完成品を、わざわざ溶かして手を加えることで、数日後には歯

も立たないくらい硬いチョコになるなんて・・・。

ありがた迷惑やんか~!!(ToT)/~~~

  
また、「ただ、私の気持ちを伝えたい。」の若い素直な想いは、深夜にラッピングをする

手にも表れ、美しく包もうとするあまり手に汗にぎり、ブルーと白のチェックの包装紙は

湿気をおびてヨレヨレになってしまいました。

  
   
そして、バレンタイン当日。

私の通っていた田舎の中学校は「チョコ持参禁止」&「当日の荷物検査あり」だったた

め、強く結束された年頃の女子たちは、早朝に出校して“トイレの天井裏にチョコレート

を隠しておく”という強行手段に出たのでありました。(^^)v

授業後呼び出されて渡されたチョコが、トイレの天井裏にあったなんて思いもしないだろ

うなぁー。

永遠に知らないほうがいいんだろうけど・・・。

セーラー服で肩車をしながら、天井裏をぞうきんでふいて、箱が傾かないように丁寧に

隠したとしても、やっぱり言わないでよかった。

チョコレートに妙な香りがついていたかどうかも、聞かないでよかった・・・。

   

  
体を張った、緊張感とドキドキ感いっぱいの『青春バレンタインデー』は過去のことです

が、大人になってからは、2月14日を父親や職場の人たちに日頃の感謝を伝える日と

して有効に使っています。(^^♪

 
もちろん、大切な旦那さまには、チョコの代わりのガムとお洒落なグリーンのシャツを

プレゼント。

そしてハート型のハンバーグをメインにしたDinnerにメッセージカードを添えて、気持ち

を伝えました。(#^.^#)

年齢を重ねても、季節のイベントを自分流にアレンジをして、楽しい毎日を過ごしたいと

思っていま~す。

   
「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

|
|

« そうじ力 | トップページ | 今冬お薦めBeauty商品1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/5398130

この記事へのトラックバック一覧です: St. Valentine's day:

« そうじ力 | トップページ | 今冬お薦めBeauty商品1 »