« 休日に思ふ | トップページ | そうじ力 »

2007年2月10日 (土)

恵方巻き

Venezia_italy <Photo:Venezia in Italy>

 
2月とは思えない、暖かい日が続いています。

通勤用に新しく購入した冬のコートを(参照:1/29日付「コートがない!」)、まだ数える

くらいしか着ていないのに、ここ数日の地下鉄車内で厚手のコートを着ているのは、

私か、おばあちゃんか、本格的なオバちゃんだけで、大半はトレンチコートに切り替わ

っているのに気づいてしまいました。\(◎o◎)/

流行おくれの肩パットコートorマトリックスコート問題を解決したと思っていたのに、今度

は季節はずれかい!!

      

ところで、お話はかわりますが、先週3日の節分に【恵方巻き】を食べた方はどれくらい

いたのでしょうか?

私は今年、デパ地下で買い求めたのですが、当日の混雑ぶりといったら・・・。

一本650円くらいから、巻いてある中身によっては1000円近くするものもありました

が、店員さんが補充するそばから、飛ぶように売れていきました。

スゴすぎる【恵方巻き】ブームにびっくり!!(ToT)/~~~

   

思えば、「節分に恵方に向かって無言でたべると良いことがある」という名目で全国的

に売り出されるようになったのは、ここ数年のことです。

日本人の“縁かつぎ精神”を巧みに利用した、海苔屋さん?orお寿司屋さん?の戦略

は見事に成功を収めた・・・ということで、私も戦略にハマったひとりです。(#^.^#)

     

結婚前まで節分は家族4人で豆まきをしました。

鬼役と福の神役(おめん付)を決めるジャンケンは、毎年白熱した展開になりました。

三十路を過ぎた大きな娘が、家族と豆まきというのも不思議な光景だったかもしれま

せんが、

 ・大きな声で「鬼はそと。」「福はうち。」と叫んだこと。

 ・鬼役になった時、容赦なく豆をぶつけられたこと。

 ・小屋でねていた犬が飛び出てきて、豆をせっせと食べていたこと。(翌日の散歩時

  は必ずお腹がピーピーになっていました。^_^;)

 ・自分の年の数だけ律儀に豆をたべたこと。

など、家族と過ごした日々を温かい気持ちで思い出します。

  
 
現在はマンションに住んでいるので、豆まきは自粛しています。

これからは近所迷惑となる心配や、豆まき後の後片付けの手間を考えると、節分の家

族の思い出は、【豆まき】から【恵方巻き】へシフトしていくのかもしれませんね。(^v^)

    

それにしても、同じ方向を向いて、太巻きを無言でムシャムシャ食べるって、異様に感

じるのは私だけでしょうか??(^o^)丿

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

|
|

« 休日に思ふ | トップページ | そうじ力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/5288006

この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻き:

« 休日に思ふ | トップページ | そうじ力 »