« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

今冬お薦めBeauty商品2

Madrid2  <Photo:Madrid in Spain>

  
さて、さて、テーマは前回に引きつづき『私がこの冬お薦めする美しい商品』です。

   

【その2】 ~耳から心に響いた美しい音楽~

  「Not Too Late」:ノラ・ジョーンズ

  
過去2回グラミーを受賞した、ノラ・ジョーンズをご存知の方も多いはず。

1月24日(国内盤)に発売された3枚目のアルバムもよかったです!(^o^)丿

私は平日の夕食を作るときに聴いています。

日が暮れて、より寒さを感じる時間帯にCDをかけると、まったりとしたハスキーボイス

が、仕事を終えて緊張から開放された身体(からだ)に心地よく響いて、穏やかな気持

ちでキッチンに立つことができます。
    

料理に「おいしくできますように。」の気持ちをこめられる余裕も、ノラ・ジョーンズの歌声

のお陰かも。(^^♪

個人的にはデビューアルバムの「ノラ・ジョーンズ」も好きですが、今回の「Not Too  

Late」もお薦めです。

興味のある方は、まずはCDショップで視聴をどうぞ。(^v^)
  

  
ところで、私のように“まったり音楽”を好んで料理をする人は少数派なのだろうか?

「私はハードロックを聴いてます!」って人がいましたら、ぜひご一報を。(^o^)

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月26日 (月)

今冬お薦めBeauty商品1

Montreal1 <Photo:Montreal in Canada>

   
「うぁっ~\(◎o◎)/!!」

昨年10月にブログを開設して以来初めて、1週間以上も更新しないまま今日を迎えて

しまいました。

書くことが好きな自分にも、こまめにブログをチェックしてくれた方にも『ごめんなさい!』

  

そんな反省も含めて、今週は3日に分けて【今冬お薦めBeauty商品】を紹介したいと思

います。

気合がはいっているでしょ~。(^o^)丿

だから、いつもは長文になりがちな私も、短めを心がけます。(^^♪

何?小癪な手段だって?

はい。そのとおりです。(開き直り(^^)v)

  

【Beauty商品】といっても、女性誌の特集にありがちな「ベストコスメ」などの、即お役立

ち情報ではありません。

この冬私がハマった、私だけのヒット商品です。(範囲せまっ!)

それも3つだけ。^_^;

でも、どうぞ続けて読んで下さいませね。(^v^)

    

【その1】  ~目から心に響いた美しい写真集~

 「パリジャンたちの庭と花」:エディシャオン・ドゥ・パリ発行

  
雑貨屋さんで時計を探している時に出会って、ひとめボレをした一冊です。

とにかく掲載されているどの写真も、センスがよくて美しい!!

タイトルどおり、お洒落なフランス人のお宅の庭を撮った写真集なのですが、最後の1

ページまで楽しませてくれる、手抜きなしの素敵なレイアウトになっています。

今後、写真を撮るときの参考にもしたい。
   

花と緑だけでなく、撮影先の家の子供やペット、ガーデニンググッズもバランスよく掲載

されていて、見ているだけで、幸せな気持ちにさせてくれるお薦めの写真集です。
      

私は仕事から戻って一息ついた時や、眠りにつく前、休日などによく眺めています。(^^♪

「エディション・ドゥ・パリ」からは他にも心くずぐられる、Cuteな本が発行されているの

で、本屋さんに立ち寄られた際、頭の片隅に記憶が残っていたら、チェックしてみて下

さい。

   
   
それでは、

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月18日 (日)

St. Valentine's day

Img_0015

<Photo:Prince Edward Island in Canada>

    

2月14日のバレンタインデーが終わり、店頭をにぎわせていたチョコレートの山は撤去

され、1ヵ月後のホワイトデーへ向けてのディスプレイに変わっていました。
       

毎年のことではありますが、バレンタインの余韻を少しも残すことなく、同じ場所にあっさ

りとクッキーやマシュマロがわんさと積まれている光景に【商売の姿】をみる思いがしま

す。

「期待をしていたのに1個もチョコをもらえなかった男の子」や「本命の彼に思いきって告

白した女の子」の気持ちをくみとったお店があってもいいんじゃないかと、得意なバーチ

ャルの世界で店長となり楽しくディスプレイを考えたりしました。(^^♪

(あれっ?妄想族のわたし、危険?)

    
 
私のバレンタインの思い出で一番印象に残っているのは、中学3年生の時のこと。

すでに年月が経ちすぎていて、セピア色の映像になりつつありますが、初めて手作りを

して、手渡すまでの過程が大変だったのでよく覚えています。

 
今は「絶対に買ったチョコレートのほうが美味しい!」と断言できるのですが、あの頃は

純粋で「好きな人にあげるのは、心のこもった手作り!」と信じて疑っていませんでした。

研究をかさねて作られた完成品を、わざわざ溶かして手を加えることで、数日後には歯

も立たないくらい硬いチョコになるなんて・・・。

ありがた迷惑やんか~!!(ToT)/~~~

  
また、「ただ、私の気持ちを伝えたい。」の若い素直な想いは、深夜にラッピングをする

手にも表れ、美しく包もうとするあまり手に汗にぎり、ブルーと白のチェックの包装紙は

湿気をおびてヨレヨレになってしまいました。

  
   
そして、バレンタイン当日。

私の通っていた田舎の中学校は「チョコ持参禁止」&「当日の荷物検査あり」だったた

め、強く結束された年頃の女子たちは、早朝に出校して“トイレの天井裏にチョコレート

を隠しておく”という強行手段に出たのでありました。(^^)v

授業後呼び出されて渡されたチョコが、トイレの天井裏にあったなんて思いもしないだろ

うなぁー。

永遠に知らないほうがいいんだろうけど・・・。

セーラー服で肩車をしながら、天井裏をぞうきんでふいて、箱が傾かないように丁寧に

隠したとしても、やっぱり言わないでよかった。

チョコレートに妙な香りがついていたかどうかも、聞かないでよかった・・・。

   

  
体を張った、緊張感とドキドキ感いっぱいの『青春バレンタインデー』は過去のことです

が、大人になってからは、2月14日を父親や職場の人たちに日頃の感謝を伝える日と

して有効に使っています。(^^♪

 
もちろん、大切な旦那さまには、チョコの代わりのガムとお洒落なグリーンのシャツを

プレゼント。

そしてハート型のハンバーグをメインにしたDinnerにメッセージカードを添えて、気持ち

を伝えました。(#^.^#)

年齢を重ねても、季節のイベントを自分流にアレンジをして、楽しい毎日を過ごしたいと

思っていま~す。

   
「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月14日 (水)

そうじ力

Pei4_1 <Photo:Prince Edward Island in Canada>

      

ただ今、お風呂あがりで体をキレイにしてから“お風呂すみずみ掃除”も一緒にすませ

てきました。

やっぱりキレイになるのは気持ちがいいねぇ~。(^v^)

結婚してからは、すっかりシャワー派になってしまったので、時間のかかるお風呂の

“すみずみ掃除”は、週1or週2に2日の半身浴バスタイム時に行うことにしています。

  

本当は他の部屋と同じように、もう少し頻度をふやして掃除をしたいのですが、冷え性

の私は冬場のお風呂掃除を後まわしにしがちで・・・「ごめんね。暖かくなったら挽回す

るからね。」の思いです。^_^;

   
 
さて、「掃除をすると運がよくなる」というような【おそうじ本】が売れるようになって、1年

ほどになりますが、私もベストセラーになった一冊を妹にかりて読みました。

以前から実践していたことが掲載されていて、思わずニンマリ笑顔になりました。(^o^)

特に「ありがとう」と言いながら掃除をすると、なにかしら良いことがおこるor運が向上す

る・・・という文面には私も賛成!!

   

休みの日には半日かけて“すみずみ掃除”を実行する時は、開いている口を有効に活

用して「いつもありがとね~♪」とオリジナルの曲にのせて掃除をします。

飽きたら語り口調バージョンにします。

毎日生活を共有してくれている我が家のスペースや物たちに感謝しながら。(^^♪

      

“すみずみ掃除”をし終わったあとは、すがすがしい気持ちになります。

心なしかピカピカになった部屋が喜んでいるようにも見えるのです。

この瞬間が一番うれしい!!

ありがとう♪効果かな?!

    
 
仕事を始めたので、以前のように頻繁に掃除ができなくなるけれど、旦那さまの手も

借りながら、一回一回に心をこめて、楽しくお掃除をしていきたいと思いま~す。

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月10日 (土)

恵方巻き

Venezia_italy <Photo:Venezia in Italy>

 
2月とは思えない、暖かい日が続いています。

通勤用に新しく購入した冬のコートを(参照:1/29日付「コートがない!」)、まだ数える

くらいしか着ていないのに、ここ数日の地下鉄車内で厚手のコートを着ているのは、

私か、おばあちゃんか、本格的なオバちゃんだけで、大半はトレンチコートに切り替わ

っているのに気づいてしまいました。\(◎o◎)/

流行おくれの肩パットコートorマトリックスコート問題を解決したと思っていたのに、今度

は季節はずれかい!!

      

ところで、お話はかわりますが、先週3日の節分に【恵方巻き】を食べた方はどれくらい

いたのでしょうか?

私は今年、デパ地下で買い求めたのですが、当日の混雑ぶりといったら・・・。

一本650円くらいから、巻いてある中身によっては1000円近くするものもありました

が、店員さんが補充するそばから、飛ぶように売れていきました。

スゴすぎる【恵方巻き】ブームにびっくり!!(ToT)/~~~

   

思えば、「節分に恵方に向かって無言でたべると良いことがある」という名目で全国的

に売り出されるようになったのは、ここ数年のことです。

日本人の“縁かつぎ精神”を巧みに利用した、海苔屋さん?orお寿司屋さん?の戦略

は見事に成功を収めた・・・ということで、私も戦略にハマったひとりです。(#^.^#)

     

結婚前まで節分は家族4人で豆まきをしました。

鬼役と福の神役(おめん付)を決めるジャンケンは、毎年白熱した展開になりました。

三十路を過ぎた大きな娘が、家族と豆まきというのも不思議な光景だったかもしれま

せんが、

 ・大きな声で「鬼はそと。」「福はうち。」と叫んだこと。

 ・鬼役になった時、容赦なく豆をぶつけられたこと。

 ・小屋でねていた犬が飛び出てきて、豆をせっせと食べていたこと。(翌日の散歩時

  は必ずお腹がピーピーになっていました。^_^;)

 ・自分の年の数だけ律儀に豆をたべたこと。

など、家族と過ごした日々を温かい気持ちで思い出します。

  
 
現在はマンションに住んでいるので、豆まきは自粛しています。

これからは近所迷惑となる心配や、豆まき後の後片付けの手間を考えると、節分の家

族の思い出は、【豆まき】から【恵方巻き】へシフトしていくのかもしれませんね。(^v^)

    

それにしても、同じ方向を向いて、太巻きを無言でムシャムシャ食べるって、異様に感

じるのは私だけでしょうか??(^o^)丿

  

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月 4日 (日)

休日に思ふ

New_york_1  <Photo:New York in U.S>

    
やっぱり土日のお休みは「あっ」という間に終わってしまいました。

   
先週の月曜日から10ヶ月ぶりに仕事(アルバイト)に就き、週休3日という恵まれた条件

で働き出したのにもかかわらず、一週間をおえての疲労度は想像以上のものでした。

体を使ったお仕事ではなく、過去に十数年も経験のある事務職なのに、緊張と気疲れ

でしょうか、とにかく毎日クタクタになってしまったのです(-_-;)。

「加齢のためか?」

「いやいや、そんなことはあるまい!」

と、帰宅後心の中で押し問答をしながらの夕食づくり。

世の中の仕事と家事、プラス子育てをしている女性に心から敬意を示す時間でもありま

した。

 
 
『職場は“縁のあるところ”に決まる!』との信念で、ワクワクしながら職探しをした結果

今回は大好きな音楽♪と映画の情報に事欠かない会社にお勤めすることになりました

が、「こんなこともあるんだな~。」がひとつ。

   
私がなが~い独身時代に在籍した会社では、なぜか配属される先は

 ①女性多数+定年間近の男性上司  もしくは    ②熟年男女多数

の職場環境でした。

(べっ、別にそれが晩婚の理由だなんて、言いたいわけじゃないですよ(焦)^_^;)

でも、今回縁のあった会社は、私を含む女性2名のアルバイトの他は社員男性25名と

いう構成。

素敵な人の有無は別問題として「私の人生にこんなこともあるんだな~。」と思ったわ

けです。結婚後に、ねぇ。(^v^)

   

上記のようなことを書くと、まるで独身時代の職場環境に不満があるかのように思われ

るかもしれませんが、それは断じて「NO!!」です。

職場で出会った人生の先輩や同僚たちは、今でも私の宝物で、出会いから得た

「私は周りの人たちに恵まれている。」という過去の経験が自信となり、いつも新しい

一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。

  

そして、今回もやはり、気さくに親切丁寧に指導をして下さる方たちとの出会いがあり、

「私って本当に運がいいわ。(^^)v」

と感謝しつつ、盛り上がっています。

(最初だけじゃありませんように・・・(^^♪)

個性豊かそうな(マニア系も含む)職場なので、これまた楽しみ!!

  
  
今は、新しい生活のパターンに早く慣れて、「疲れた。」って言わないで家事をできるよ

うにすることが目標です。

  
  
それでは

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月 2日 (金)

料理

Montreal2_1 <Photo:Montreal in Canada>

   

最近、料理って“誰か食べてくれる人”がいるから、心をこめてできる作業だと、つくづ

く感じる。
   

私だけなのかもしれないが、自分ひとりで食事をすませる時って、そりゃヒドイ。

見ためも栄養バランスも無視。

美味しいかどうかだってあまり関係ない。

ただ、冷蔵庫の残飯整理をするがごとく、

 ①極力手間のかからないこと。   ②おなかが満たされること。

が重要となる。

「この食事が3食毎日続いたら病気になるんだろうなぁ~。」と思いながら・・・。

 
   
“料理が得意です!”って人は、ひとりの時こそ手を抜かず、家族のために練習を積む

んだろうけど、私には全然その気がわいてこない。

たくさ~んの習い事をしたのに、一度も料理教室には興味をもたなかったくらいの過去

だから、仕方がない??^_^;

  

そんな私でも、旦那さまには「美味しい料理をだしたい(^o^)丿!」って思うから、盛りつ

け方や栄養のバランスはもちろんのこと、より美味しく、手際よく作れるように、本やイン

ターネットで料理の勉強をするようになった。

 

“食べてくれる人”。

それも大好きな家族だったりすると、「おいしくできますように。」という気持ちもはいる

から、自然に料理という作業に心がこもる。

  
いつか自分のためにも心をこめて料理ができる女性になれたら素敵なんだけど、今は

“料理を笑顔で食べてくれる人”の存在だけでも、ありがたくて幸せだ。(^v^)

 

な~んて、格好のいいこと言っても、疲れてると面倒な思いが先行して、心もはいらず

「外食したいなー。」と思う、まだまだ半人前、ぐーたら主婦なのでありました。(#^.^#)

 

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »