« A happy new year! | トップページ | ちょっと言わせて!年賀状 »

2007年1月 8日 (月)

運のいい話

Niagara_falls_1  <Photo:Niagara falls in the U.S>

 
ブログを開設してから4ヶ月目。

親しい友人宛の年賀状に、思い切ってブログ開設のお知らせをしたところ、早速3人

からコメントを頂きました。

うれし~い(^o^)丿。ありがとうございました。

 
さて、新年第2弾ということもあり、縁起のいい明るい話題でいってみたいと思います。

『運のいい話』というタイトルにはしましたが、毎日大切な人たちと平和で健やかに暮ら

せていることが何より“運のいい”コト。

本当にありがたいです。

そんな穏やかな日々の中でも、特に記憶に残る

「私って本当に運がいいなぁ~。(^^)v」

と思う出来事が、誰にしも年に一回くらいはあるのではないでしょうか?

 
私の場合は、昨年のアノ出来事。

3月初旬の肌寒い朝で、私は彼(今の旦那さま)が出張のため、タクシーで空港へ向か

うのを車が見えなくなるまで手をふり見送った。

ドラマのようなシチュエーションに気分はすっかり新妻モード(^^♪(※この呼び名に年齢

は関係ない。)で、微笑をうかべて部屋へ戻ろうとした時、スッーっと血の気がひいた。

「カギがない・・・。(T_T)」

彼のマンションはすべてオートロック式になっていて、一軒家の実家暮らし感覚が身に

ついていた私は、ちょっとした外出にカギを持って出るという習慣がまったくなかった。

「嘘でしょぉぉぉぉぉぉ~!!!!!」 (ヒュルルル~\(◎o◎)/)

休日の朝5時半に玄関先へ現れる住人もおらず、管理人さんもお休み。

彼に連絡をとる携帯も、公衆電話をかける10円さえ持っていなかった。

 
先程までの新妻モードの微笑みは一瞬にして消え、冬の寒さが残る風にさらされ、

眉間にシワを寄せたまま、凍ったように立ち尽くすしかなかった・・・。

 
しばらく回りをグルグルと歩いたが、防犯対策の徹底しているマンションに入る隙は

ない。

「壁を乗りこえてセコムが作動したとたん、私は一生このマンションに出入りができなく

なるだろう。」

「人の出入りが期待できる9時頃までには、まだ3時間半もある。この薄着で持ちこた

えられるだろうか?」

「交番まで歩いて助けを求めようか?いや、そんな恥さらしな真似はできない。」

自問自答を繰り返していた、その時・・・。
  

休日の朝、5時45分に裏口駐車場に現れた一台の車!!

あきらかに、マンションの住人だ。

どうしてこんな時間にご帰宅されたのかはど~でもよく、この時を逃してはなるまいと、

私は駐車場の入口で息をひそめて、車の主がドアを開ける一瞬を待った。

(気分は時代劇の忍の者)

その時の私を見た人がいたら、きっと通報されていただろう。

そのくらい私の行動は怪しかった。
 
 
そして車を降りた男性の背後に足音もなくしのび寄り、裏口のドアが閉まりかけた

瞬間、私はドアノブを素早くひっぱり中へ入ったのだった。
 
男性は突然現れた不審者にかなり驚いたと思うが、私はその表情を確認しないまま、

神様からいただいた超幸運なできごとに酔いしれ興奮していた(*^。^*)。

 
彼の部屋にもどり、電話で一部始終を説明すると呆れられたが、私は何度も叫んだ。

“私って本当に運がいいでしょ!(*^^)v”

 
半年以上経つ今でも、あの降ってわいたような「災い転じて福となす。」的な

(あれっ?使い方ちがう?)

出来事は、私事ながら感謝の気持ちと共に「感動した!」と言いたくなる。

 
お陰様であの日以来、外出時にカギを忘れることはありません。

成長だよなぁ(^o^)丿。
 

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

|
|

« A happy new year! | トップページ | ちょっと言わせて!年賀状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/4821899

この記事へのトラックバック一覧です: 運のいい話:

« A happy new year! | トップページ | ちょっと言わせて!年賀状 »