« こげ茶色Foods | トップページ | お化粧とひざこぞう »

2006年12月 6日 (水)

習い事ホリック③~スポーツジム~

Kparis1_1 <Photo:Paris in France>

スポーツジムに足を踏み入れたのは、バブル期だった大学時代。

スポーツが得意というわけではなかったが、泳ぐことが好きで、社会人になってからも続

けて入会をしていた。

なが~い独身時代にジムを3回変えて6、7年は通っていたと思う。

 
「泳ぐ」と言っても、厳密に表現すると

“水またはお湯に肌がふれている感触が心地よくて好き”

ということで、許されるなら、ただプールにずっと浮かんでいたかったのだが、水死体に

間違われても困るので、水中歩行やクロール・平泳ぎをこなしつつ、1時間くらいプール

で過ごすのがお決まりのパターンだった。

もちろん、その後のジャグジータイムは、他に人がいなければ、即ニンマリ顔で

「ごくらく。ごくらく。(^o^)丿」

と、おやっさんのようにつぶやき、泡の中でプカリと浮いていた。

(※打ち上げられたトドに間違えられたことはありません。(^^)v)

 

泳ぐことで運動不足も解消していたが、私はストレス発散の場としても大いに活用した。

 ・まず、泳ぎながら泣いた。

 ・そして、泳ぎながら叫んだ。

うまくいかなかった恋愛の涙や仕事上の愚痴など、クロールで腕をぶんぶん回しながら

いろんな想いを水中に流した。

涙も泡といっしょに出る愚痴も周囲には気づかれなかった。

・・・とおもう。
 

もし機会があったら試してみて下さい。

ストレス発散効果倍増です!

(※ただし、息つぎの直前に叫ばないと、水を飲んで悲惨なことになります。^_^;)

  

ジムに通っていた頃をふり返ると、体を動かしながら、心は対:自分に戻れる時間であ

った。

泳いでいる時もエアロバイクをこいでいる時も、自問自答をくり返し、その時々の自分を

みつめていたように思う。

運動もしながら大切な時間を過ごしていたわけで、月謝は必ずしも無駄にはなっていな

かった。(^_-)-☆

 
また自分で稼ぐようになったら泳ぎにいこう。

「今日も一日ありがとう。」

おやすみなさい。

|
|

« こげ茶色Foods | トップページ | お化粧とひざこぞう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166532/4445352

この記事へのトラックバック一覧です: 習い事ホリック③~スポーツジム~:

« こげ茶色Foods | トップページ | お化粧とひざこぞう »